012 copy copy copy copy copy
この長靴デビューの場所へ行ってきたんだよね〜!

ママったら!







th_P6060040
葦だらけ。

アシって読むのか、ヨシって読むのか?

この裏がシーバス スポット!






007 copy copy copy copy copy copy copy copy
この長靴デビューの日。。。





093 copy
ここで、コレ〜


懐かしい思い出です。


しかし、今日は、シーバスの話ではなく、

葦や竹(笹)で作ったペンのお話です。









th_P6060064
まずは

1本だけ作ってみた。

10分もかからなかったけど。。。





th_2020606
この日、朝目が覚めて、

そうだ!葦を採りに行かなくっちゃ!と思った。

ナイフとかは銃刀法違反になるから、いつものハサミ用意!

江戸川は葦だらけなので、5分もかからなかった。

まー、その前に、ワンドへ寄って、竹なのか笹なのか

わからないけれど、それもハサミでチョキチョキ。

そして、葦広場へ向かい、用事を終わらせ、

自転車で大急ぎで帰って、1本作ってみた。

________________________

夕方、別件でセリアへ行って、ちょうどいい鋸を見つけて、買った。

ダイソーへ寄り道で行ったら、驚くことに!ハンダゴテが売ってた!

まさか、ダイソーにあるとは!コレで道具はオッケー!

悩み解決!











th_P6060073
そして、その日の晩に練習に、こんなの作ってみたよぉ〜

葦ペンと竹?笹?ペン。



そんなれおんくんの1日でした。





th_P6060036
コレ、竹っぽい?

でもあとで思った。

笹かもしれない。


とりあえず、少しもらうことにした。








th_P6060041
そして、葦広場へ!







th_P6060042
よくわからないので、去年枯れた茶色くなったのと

青いのを両方。










th_P6060043
一応、選別。






th_P6060045
で、まずは切り出して、

斜めにカット。


カッターナイフで簡単だった。



th_P6060054
穴開けはグルーガンを温めて、(この場合、大して使えないけど)

最後はマチ針を通して、布団針で貫通。








th_P6060057
先まで、カッターで筋を入れて、完成。






th_P6060055
墨汁があったっけ?







th_P6060051
早速、なんか試し書き〜







th_P6060062
ちょっと使っているうちに、

開いてきました。。。

青いから乾燥して縮むんだな。





th_P6060058
th_P6060059
まー、それでもちゃんと使えてる。



th_P6060064
カリグラフィーとまではいかないけれど、

文字もオッケー!











th_P6070107
コレがダイソーのハンダゴテ!

今度はコレを使うよ!







th_P6060073
こんな感じ。









th_P6060075
で、墨汁でまた絵を描いてみた。
th_P6060076
いいんじゃない?



th_P6060069
多分、青い方は、また開いてくるだろうなー。


ここまでが練習〜










th_P6070132
課題である、キノコインクで今度はやってみるよ!








th_P6070128
コレはこの前の残りのキノコインク。













th_P6070083
残りの材料を結局どうしたか?

青いのは節ごとにカット。




th_P6070085
コレはこのまま干してからやってみよう。

自然放置ね。





th_P6070079
葦の乾いたのをやってみよう。

外側の皮は取れるだけ取る。

イメージとしては、タマネギの皮をめくるみたいな感じ。







th_P6070111
で、カッターナイフで斜めに削る。

鉛筆を小刀で削る時の要領で。


内側がケバケバしている。





th_P6070112
取ってみよう。






th_P6070099
今度は横を削って

先を尖らせる。





th_P6070100
th_P6070104
こんな感じ。






th_P6070114
表から見たところ。







th_P6070117
そして、ハンダゴテで穴を開ける。








th_P6070119
そして、柔らかい布の上で、

穴から下にカッターで筋をスーッと入れる。







th_P6070121
5本、一挙に完成〜

かかった時間は30分ほど。


あとで調べてわかったことなのですが、

パピルスって紙にも歴史があるのですが、

そんな時代の新約聖書もこの葦ペンを使っていたそうです。









th_P2240052
さらに、太い線が引けるからカリグラフィーにも。。。

と記述がありました。

確かに、ペン先を尖らさず、平坦にカットすれば、

出来ます!




th_P6070124 2
では、早速、キノコインクで

葦ペンを使って描いてみよう〜


鉛筆で下書き〜





th_P6070129
ジャンジャン描いていく。









th_インク

完成〜!

題して、『その後のれおんくん〜』


その後とは?






th_P8140012
この時はおぼろげに、キノコインクを集めようぐらいだった。

あわよくば、インクで一儲け!ぐらいだった。



今度はペンを作ったので、

そのペンを早く使ってみたくて、インクが出来るのを待ってるところ。

あと、どうやら、れおんくんは

インクを1000円で売りたいということらしい。




どんぐり
出た〜!ウサギの皮算用〜

1本、どんぐりで20個、3本どんぐり50個ってことなんだと思う。

お腹の中が真っ黒やん!

そもそも、葦ペンの需要はあるのか?




129 copy
みた目、お腹は白いけどね^^


おしまい。






わりと、使えなくもない、この葦ペンにポチッとな♪