RIMG0116
さー、芋掘りをするよ!






RIMG0098 copy
お芋はどこかなー?






RIMG0095
ウサギには無理か。。。






th_RIMG0111
実は、こいつは美味しいおかずになるよ!






th_RIMG0136
th_RIMG0133
サツマイモの蔓と葉っぱです。






th_RIMG0149
豚バラ肉、ニンニクと一緒に炒めて、

砂糖、醤油、仕上げにごま油。




th_RIMG0153
th_RIMG0158
どや!







098 (2)
さて、芋ずる式とは言いますが・・・

サツマイモの収穫ほど楽しい瞬間はないかも!






086 copy copy
ずっしりと。。。





107 copy copy
丸っこいのもあるよ。




049 copy copy
064 copy copy
掘りたてはこんな感じ。

この後、天日で切り口(ヘタ)のところをしっかりと干して

コルク化させて、適温、適湿で保存すると

デンプンが増えて、甘みも増長し、春まで楽しめます。

そのやり方は、あとでご説明〜








RIMG0118
松太郎ママさん!

松太郎親分さん!

ぼく、びっくりしたよ!







th_PB110025
♪ 栗(九里)より(四里)うまい 十三里

9+4=13 ?


なんのこっちゃ?

諸説ありますが、昔ライターだった時の原稿をそのまま引用。






th_PB130014
>>情緒あふれる小江戸、川越の『こがね芋』という和菓子は
見た目がサツマイモで上品な甘さでお気に入りです。
江戸庶民に大人気だった、川越のサツマイモは今も地域の特産品です。
甘くてホクホクの焼き芋のことを
“九里四里(くりより)うまい十三里”と言いますが、
当時、大江戸日本橋より川越までは距離にして13里だったからなど、
その所以は諸説あります。寛政に江戸、小石川の焼き芋屋が『十三里』
とネーミングして焼き芋を売り出すとその『栗よりうまい十三里』
と洒落の効いた表現が評判になり、大ヒット商品になったそうです。
そこからサツマイモのことも十三里と言うようになったそうです。





th_PB110027
そうなんだ〜!

で、どんぐらい、甘いの?

うまいの?サツマイモ。






th_PB220001
松太郎ママさんからのお届け物。。。

めっちゃ重かった!


何より、最初はその本数の多さにビックリ!







th_PB220002
それもそのはず! 

立派なサツマイモがなんと32本も入っていたのだ!


一度機に食べられないので、

キチンと保存して、ながーく、ながーく、楽しもう。




th_PB230031
新聞紙に包みます。

それを発泡スチロールの箱で保存します。






th_PB230032
やっとカラっっぽに!

それだけたくさん入っていたのです!





th_PB230034
発泡スチロールの箱は3段分ありました。

こうすることで乾燥を防ぎ、ゆっくりデンプンが増えて、

さらに甘み増長します。





th_PB240001
バッチリ完了!



th_PB230026
うわー!

ねっとり系のサツマイモだ〜!





th_PB230024
皮も薄いね!丸ごと食べられるね!

栗よりうまいのか?

甘いのか?





th_PB220003
洗った、サツマイモはアルミ箔の上に並べて、土鍋で蒸します。

少しだけ鍋底に水を入れてあります。







th_PB220004
トロ火で2時間ぐらいやりました。

デンプンの糖化は65〜70 ℃ぐらいを

10分間通過すると甘く仕上がりますよ。

土鍋調理はそれに長けてます。






th_PB220005
割ってみるよ!






th_PB220006
うわ〜!

黄金色@0@!






th_PB230029
とっても甘かったのです。

糖度計で計りました。

普段は計測前は青く、甘い分、白くなるのですが。。。

針を振り切って、全面真っ白になりました。

つまり32%を超えていたことになります。

もうシロップ扱い@0@!








th_PB230032 2
こんなこともやりました。






th_PB230023
カービングです。
th_PB230024 2
th_PB230025 2
th_PB230027
th_PB230029 2
th_PB230030 2
削りかす、皮は全て味噌汁で食べましたよぉ〜





th_PB230031
やっぱり土鍋で蒸します。





th_PB230034
うーん。これではちょっと寂しいか。。。


今までいろんな食材で食べられるお花をやってきました。







PB260120
これは洋梨、
P1180052
これはマッシュルーム、
P1060072
これは赤芯大根、
PC310082
人参、
RIMG0024 copy
柿、

他に、ブロッコリーの芯、大根、ヤーコン、ジャガイモ。。。


今回はサツマイモ!





th_PB240002
これをちょっと、カフェ風にしてみよう。






th_PB240003
ココアパウダーを。

がしかし、これでは終わりません!?




th_PB240005
あれ?どんぐりマーク@0@!

『どんぐりカフェ れおん』ではこんなスイーツが食べられます。







th_PB240007
フォーク、ナイフでお上品に食べるのです。






th_PB240008
お芋がもともと甘々なので、

ココアパウダーの苦味がアクセントです。

砂糖なんて使いません。





th_PB240009
松太郎ママさん!

どうもありがとうございました〜!





カービング
すごいね!

栗より甘いね!




018
栗きんとんも砂糖なしでイケそうだね!

ママ!

おしまい。



もう、おせち料理はこれで決まりでしょう。ポチッとな♪