PA270004
どんぐりきのこ、あと少しだね〜






th_P5240042
博物ふぇすてぃばる用に準備したどんぐりきのこ。







th_P5300010
th_P6130074
勢いよく、菌床は出来たもののの。。。





th_P7160093
ふぇすてぃばる当日はこれ止まり。。。

7月だったこともあって、冷蔵庫に入れて、ゆっくり熟成させていた。

やっぱヒラタケ系は秋〜冬のきのこ。






th_P9160007
先日、これを剪定しました。






th_P9160009
こんな感じにしました。

このサイズなら蓋に入るのです。







th_PA070030
これが現在の様子。

水分調整のための新聞紙にはもう菌糸がびっしり。







th_P9200015
新聞紙を敷くと、菌糸があっと言う間に伸びてきています。

どうやら、きのこの菌糸と新聞紙は相性がいいのです。

まー、原料がパルプ、木が原料ですからね。




th_P9220003
そして、全体を覆い尽くす。






th_P9220004 2
菌糸です。






th_P9220001
現在もう下の新聞紙の様子は全然わかりません。

それどころか、しっかり結合してもう離れません。

ひっくり返しても。





th_P9200012
一方、こちらも菌糸があっという間に広がりました。
th_P9220008
th_PA070026
th_PA070027
今現在はこれよりもっと綿菓子状です。







th_P9220004
さて、どんぐり、今期2回目は、張り切って、800gもやりました。

今の割り機で800gってのは大変だと思ったけど、

昔はペンチや金槌で1kgやってた記録が何度かあった。

衰えたなーと思った。





th_P9220005
茹でどん。

100gだけ別にして、一度茹でこぼして、薄皮を取る。






th_P9220007
キレイにして、もう一度茹で直す〜
th_P9220015
もちょっとかな?





th_P9150067
よしよし。





th_P9150001
汁ごと冷凍。







th_PA120094
こんなの作るのなら、これが必要。







th_PA050033
あとはぐり麹。









th_P9220012
700gからスターチをやります。

大量なので、これでやろうと思う。









th_P9220011
こんな風にしてみた。

水道の下にこれを持って行き、

デンプンだけをなるべく落とす。

デンプンが濃すぎて、目詰まりを起こすから

上手くいくかなー?





th_P9220013
上から水を流しで出来るだけデンプンを落とす。






th_P9220014
最初は濃いので目が詰まる。

袋を2重にしておいたので、ギリギリ出来た。








th_P9230001
ちょっとこれで放置してみよう。







th_P9150046
こんなにも、たっぷりのデンプンが取れたよ!

がしかし、この中には、フィルターをスルーした

どんぐりのカスが含まれている。

ここからが大変。

大変すぎて、いつも画像残せてない。






th_P9150047
あく抜き中〜






th_P9150050
出来るだけ不純物を取り除く。







th_PA050011
で、出来たスターチです。


ここから先の内容は、何回かやって、成功しているので

今回はいつもよりしっかり測定してやっていこうと思う。





th_PA050014
ここで消化酵素登場〜!

なん年ぶりの出番だ?






th_PA050015
粉末にした。








th_PA050016
スターチ。






th_PA050017
水。

これを加熱して糊化させます。








th_PA050019
th_PA050022
th_PA050023

これが完全に透明になったら、

どんぐり餅、どんぐり飴、どんぐり麹、どんぐり甘酒、どんぐり酢

なんでも来い!

画像をクリックすると、動画になります。










消化酵素入れたら、ものの数秒でサラサラになるのがわかるかな?

詰まり、胃腸薬飲んだら、胃の中でこうなってる訳ですよ。

お鍋で見たらわかりやすいね!


この薬考えた人すごいね!

詳細はこの画像がクリックすると動画になるので、意味がわかると思います。













th_PA050024
まだ一部、分解されてないので、

強制的にやります。






th_PA050025
このザルで通過しなかったものを分解させますよ。






th_PA050026
こんぐらい残りました。






th_PA050028
2錠入れて溶かして、下に落とす。

結果、1錠でよかった^^

残った錠剤もそのまま下に落として使うことにした。



尚、これを煮詰めて、どんぐり飴になります。

この日は飴にはしませんよぉ〜








th_PA050029
ここからが菌類のすごいところ。

麹は何かと聞かれたら、これコウジカビが正しい呼び名で、

カビと言っても、食べても良いカビ。

きのこと同様、菌類なんですよ。







th_PA050030
まだ熱い、どんぐりの糖を分解した液体に入れます。

熱いと言っても、多分50℃ぐらい。

コウジカビの好きな温度は63℃ぐらい。

ヨーグルトメーカーでその設定で6時間のタイマーを2サイクル。

つまり、12時間設定。




th_PA050032
現時点、糖度10%です。

多少甘いという感じでしょうか。








th_PA050033
13.5%〜






th_PA060035
22%〜






th_PA060046
こんな感じなので、

ブレンダーで麹を粉砕しちゃいます。





th_PA060049
ドロドロよ。






th_PA060050
このあと、糖度は24%止まりになる。








th_PA060011
どう頑張っても、24%以上いかないようなので、

もう止める。





th_PA060015
th_PA060016
th_PA070025
ここからは、自然に任せます。

では『どんぐりde酢』スタート〜






やや!

これは6日後です。




th_PA110017
コウジカビ復活!






th_PA110025
そして、糖度が27%に!







どんぐり
ママ!ぼく、またどんぐり拾ってきたよ!

これで連休も頑張ってね!






RIMG0099
柿でも食べてやるかね。。。


おしまい。





柿や栗の季節になりましたね。ポチッとな♪