110
牡蠣って近所にいっぱいいるよ。






P8210026
ここの牡蠣礁には大きなハゼがいっぱい〜

牡蠣礁がある場所は波も穏やかで、

小さい魚や小さい生き物がたっくさん住んでいる。

ゆえに餌が豊富だから、ハゼも集まるし、

お腹いっぱい食べてるからサイズもでかい!







P8210030
牡蠣殻で引っかかって、

釣り鈎はいっぱいダメにするけどね。。。






th_079
ここは牡蠣がかつてビッシリだった。






th_P7290064
その後行ってみたら、牡蠣はひとつもなかった。。。

海の環境が変わったのか?









P3240025
P3240031
RIMG0040 (2)
ホンビノスはどうやら、年齢と筋の数が比例しているね。






th_P6120167
つーことは、牡蠣もそうなのかな?

この時の牡蠣は中身がジャンボサイズだった。



th_P2030006
コレは家の近所の牡蠣と種類は違うけど、

牡蠣は牡蠣だ!

サイズは以前もらった時のより、ちょっと小さい気がする。

軍手、軍手!このままやったら手を怪我する〜






th_P2030010
しまった。

ペンチ使えばよかったなー。

先にペンチでつぶしちゃえば、楽だったなー。






th_P2030011
隙間にうまく入ればパカっと開く。






th_P2030013
あー、やっぱり、この日の牡蠣はちょっと身が小さいな〜







th_P2030002
柚子の皮、ノビルのみじん切り〜







th_P2030003 2
厚揚げ〜






th_P2030004
エリンギと春菊〜






th_P2030005
ニンニクのすりおろし〜

コレが味の決め手です!







th_P2030001
大根おろしを少しだけ。






th_P2030014
牡蠣は大根おろしと塩でよく洗う。

よくすすぐ。

そのあと、ペーパーで水分を拭き取る!

コレも旨さの決め手!






th_P2030015
で、片栗粉を軽く混ぜる。



th_P2030019
エリンギ、厚揚げをまずオリーブオイルで炒め、

バターを足したところで

牡蠣投入〜

熱を通しすぎないのもポイント!




th_P2030021
春菊を加えたら、

さ、素早く!






th_P2030020
ニンニク、醤油、酒 コレを入れてざっと混ぜる。







th_P2030026
牡蠣ときのこのニンニクバター醤油炒め



今まで牡蠣をバカにしてました。

こんなに美味しい牡蠣料理を初めて食べました。

今後、コレは鉄板にしたいと思った。







114
プリプリの牡蠣のあとは。。。

プリプリプリンだよぉ〜










th_P2040023
コレ、なんやねん?と思うメモ。

学校で使っていた調理実習の教科書の卵の目安のメモ。

1個で120ccの水を固めることが出来る。と言うこと。

プリンの場合、お砂糖30グラムとなっているけれど、

コレじゃ甘すぎるから半分の15グラムで十分だと思う。






th_P2040014
温めた牛乳に砂糖、バニラエッセンス、卵を入れて混ぜました。






th_P2040016
バター入れるのが必殺プリンワザ!





th_P2040019
ちょっと茶こしで濾しとこか。






th_P2040020
で土鍋でお湯を張って、沸騰したところで

プリンを入れるぜよ!





th_P2040022
蓋をしめて再び沸騰させて、火を弱火にします。

穴から蒸気がシューっと出ます。

そこから3分、そのまま弱火で加熱。

そのあと火を止めて余熱で5分。








th_P2040024
さ、終わりましたね。

コレを冷まします〜





th_P2040028
ちょっとコレは失敗した。

きのこ意味なかった。

砂糖をふりかけてバーナーで炙ります。




th_P2040030
結局、きのこのところを少し食べて、濃淡をハッキリさせました。

まー、結局全部食べるからいいんだけどね。。。


あー、美味しかった!

バター入れて正解!







th_034
ママ!ホンビノス、久しぶりに登場だね!

10年前にホンビノスのフロンティアとして頑張ってました。

ブームになる前、雑誌に特集も組んでもらいました。

今じゃ、市民権を得て、知らない人はいないほど

どこにでもいる、あの白いハマグリってやつね。

おしまい。





牡蠣はニンニクバター醤油に限るわ〜ポチッとな♪