PB080009
そー、シイタケはさー

白いんだよね。







PB020030
きのこの胞子はどれも白いもんだと思ってた。


ぼく、黒いうさぎのれおんですぅ〜





P5280065
昔、こんなことしてみたよ。

キャップを被せた。






P5260034 copy
いい感じに育ち。。。






P5260002 copy copy copy
育ちすぎて、抜けなくなった@0@!






P5270038
P5270016
すっかり大きくなっていたシイタケは

胞子たっぷりだった。






042 copy copy
シイタケの胞子紋。






012
一方、どんぐりきのこを栽培していて、

偶然、ヒトヨタケが出ることがあった。








025
026
傘が開いた翌朝、こんなに胞子が落ちていた。







021 copy
026 copy
027 copy copy
あ、これはもしかしたら、インクになるかも?

と思ったのが、随分と前の話です。。。






147
ササクレヒトヨタケを見つけて。。。






RIMG0007 copy
持って帰ってきた頃には、傘が溶けて真っ黒の汁で。。。






RIMG0016
RIMG0051
それで描いた第一号がこれ。

ササクレヒトヨタケで描きました。









PB080002
そうだ!

いろんな胞子を研究してみよう!

2013年の話です。

もうあれから5年も経ちます。






RIMG0018
ある日、ママがツチグリを持って帰ってきた。

ぼくに、ツチグリのパフォーマンスを見せてくれたよ!

動画:ツチグリをツンツンしてみたよ〜






RIMG0035 copy copy copy
あ、ママ!これもインクになるんじゃないの?







RIMG0031 copy
よし!

早速、筆を持ってこよう!









th_RIMG0042
れおんくん!?

安直だなー。

ま、そこはウサギだしね。

ツチグリはね、

そんな簡単には行かないと思うよ!










P2120143 copy
な訳で、ツチグリのインクの成功まで、

の道のりをちょっと語ります。







P3260044
th_P3260049
P3260052
ツチグリの胞子はね。。。

これなかなか大変だったわけですよ。。。







P3260061
水には全く溶けません。







021
P1110018
それならということで、

胡桃オイル、亜麻仁オイル、

油で試してみました。






P1110021
やった!

溶けた、なーんだ簡単じゃん!

なぜこれに気がつかなかった?






P1110025
ところがですよ、

これダメだ。。。






P1110027
溶けても、滲む。

汚い。







P1120001 copy
そうか、ササクレヒトヨタケは染料(水に溶ける)に対して、

ツチグリは顔料(油に溶ける)。

そんな違いがありました。








P2120010
でもなんとかしたい!

使いたい!

インクにしたい!







P2120012
試しにコレ使いました。

今のところ、まだ企業秘密です。






P2220065
お!

イケるイケる。

なーんだ、

コレかよ!って思ったけど、、、

まだ詰めが甘かった。






P2220004
P2220095
残念なことに、紙に乗ったインクは乾燥すると、

サラサラと。。。落ちてしまい。。。

白紙に戻る。。。








th_PB120012
2016年、『今、きのこで絵を書く研究やってんですよぉ〜』

って科博の先生に話したことがある。

その時のエピソードとして、


『その昔、ツチグリのインクは

忍者たちや間者の密書に使われていた〜。』


と自分の仮説を唱えた。

ちょー笑われた  〜3〜

だーって、紙に描いたら、なくなるんだもーん。










P2050013
でその後、それを改善した策はコレ。

コレはちょっとお菓子作りには溶けにくく、

使いにくいので放置していた。

もう胞子の画材用に使い切ることにしました。








P2050024
ただ、コレもひとつ難点があります。

部屋の温度が寒いと使えません。







P2050039
もうコレでイケるね!

『れおんの叫び』です〜


コレを使うことで、絵具として安定して使える。





th_PA010125
ここでその研究を少し発表することが出来た。

2017年度、国立科学博物館、つくばの筑波実験植物園の

きのこ展で展示していただきました。





th_PA010132
この辺は先生にお任せしました^皿^






th_P8160017
th_P8160019
ツチグリで、きのこで描いたとは思えない?






th_PA010130
先生!ありがとうございます〜

ちなみに、先生の絵はササクレヒトヨタケインクだよ^^

2016年のきのこ展でプレゼントしました^^









th_P1030010
その後、色をつけてみようと

クレヨンを使ったりで。。。






th_P1020033
th_P1030013
th_P1030040
きのこの絵もだんだんバリエーションが増えていく。








th_スキャン
さて、原点に戻ります。





th_P6020067
2年前に集めたヒトヨタケを

ずーっと机に入れっぱなしにしていた。







th_P6110097
こんなのが一面にあったので回収しておいた。






th_P6110233
コレが今頃役に立つとは。。。






th_P6110235
軸は溶けないので捨てていく。






th_P5050028
コレに水を入れるだけ。





th_P5050034
th_P5050035
ふやかす。






th_P5050040
キッチンペーパーで漉して、絞る。







th_P5050038
あとは天日で凝縮。

コレでインクのストックはおっけいだ!





th_P7080040
さて、昨日、コレを書いた。

ヒトヨタケインクで文字を書きました。




th_P7080044
イラストのラインだけ入れた。




th_P7090001
ツチグリインクで塗りました。







th_P7080047
th_P7090004
れおんくんが、ツチグリを突きました。







th_P7090005
ぴーたんも突きます。










th_P7080046
th_P7090006
ちぇりーちゃんは、絵も描けるよ!って

言ってるのかも・・・







RIMG0004
モデルはこのツチグリ。












th_P7090007


RIMG0030 copy

いろんな顔を持つツチグリ。






th_P7090003
ところで、この英文ですが、
th_P7090008
a-uに英訳を依頼しました。







th_P7090010
ツチグリ Astraeus hygrometricus

歩くきのこ、それがツチグリです。

彼らは、雨の日に背伸びをして立ち上がり、土から飛び出します。

晴れの日に縮こまり、それを繰り返しながら歩いて移動します。

振動によって煙状の胞子をだす仕組みですが、

その胞子も水には溶けません。

風に乗り、雨水に乗って、彼らはさらに旅を続けます。

自然の神秘とは素晴らしい。








PB080031
さて、いよいよ旅の始まりです。






P2010018
それをちょっと実証したいと思います。

転がっていたツチグリを回収してきました。

水に入れると、開きます。

雨が降ったという条件にしてみました。







P2010020
開きます、開きます。






P2020086
立ち上がりました。








th_P5040019
th_P2110037
RIMG0045
開いたり、閉じたり、立ち上がったりを繰り返して。。。






RIMG0044 copy
煙状の胞子を飛ばす。






P2020005
雨水に打たれてその振動で出る場合もあれば、

自分で自分のほっぺたを押して

中の煙を出す場合もあるだろう。










RIMG0030 copy copy
とにかく、胞子は意外にも詰まっている。





P1110016
そして、コレは水には溶けない。

流され、飛ばされ、また新しい場所を探し求めます。


自然の神秘だなーとつくづく思って、

こんなエッセイにしてみました。







th_P4300009
画用紙は紅茶でちょっとレトロなカラーに。








th_P4300021
薄ぼけた色になりました。



th_P2240052
そして、コレをやりたくて、

カリグラフィーの教室にも通いました。







th_P5050017
カリグラフィー専用のインクだとサラサラといけるけれど、

きのこの胞子は、そうはいかない不便さが正直ある。







th_P7090009
まー、それでも一応カタチにはなりました。

なお、コレは練習です。

夏休みにエアコンして、集中してやりたいと思っています。







th_P7090015
全部で5つやろうかと思っています。

(ハードル高っ)


RIMG0016
ふーん、ツチグリがねー。






RIMG0032 copy copy
まー、ぼくも応援するよ。

ママ、頑張ってね〜


おしまい。




きのこ画、胞子画にポチッとな♪