th_P8250011
あっつい、あっつい。

コロン、コロン。

コロン、コロン。








th_P8250006
氷を舐めてる、ぼく、黒いうさぎのれおんです。







th_P8250001
ウサギだって、涼みたいわ!








th_PA010309
2016年度はポルチーニは大豊作だった。

というか毎回、タイムリーだった。

それは体力があったから。

仕事前にもポルチーニに行ってたから。







th_PA010313
もう今は無理。。。

歳には勝てんな。。。

どこにそんな体力が残ってるでしょう。。。







th_PA010314
2016年からドライポルチーニは

ジップロックの袋に年号を書くようにした。








th_P7060018
ポルチーニはやっぱりドライにした方が好き。

これはポルチーニバーグ。

ハンバーグのつなぎがもうドライポルチーニってこと

戻さないで混ぜている。

焼いている間、肉汁を吸収するようにしてある。

さらに、ソースにもドライを使う。

ポルチーニ濃縮的なハンバーグ。

どこを食べてもポルチーニ。






th_P7020013
th_P7030046
今年も3袋満タンになったので、

2019年度の在庫が出来た。







th_P7040015
2016年度のポルチーニを贅沢に消費しようと思う。






th_P7040030
そこでまず第一弾は、ポルチーニカレー。

ポークカレーにポルチーニがたっぷり入っております。







th_P7040014
時間ないし、

もう玉ねぎも一緒に炒めちゃいます。








th_P7040017
水を張ったら、ポルチーニを入れる。









th_P7040018
ほどんど汁のない、具沢山のカレーです。

20分ほど煮込みました。







th_P7040019
あとはカレールーを入れます。

S&Bのゴールデンカレー 中辛です。







th_P7040020
仕上げに牛乳を入れて、一旦冷まして

寝かせます。







th_P7040034
どこすくっても、ポルチーニが出てくるよ。

ポルチーニカレー。












th_P7020026
先日、こんな面白いカタチのズッキーニを見つけた!








th_P7020028
カボチャもズッキーニもちょっと塩して汗かかせると旨くなるよ!

そんな訳でスライスしたら少し塩して

水分が出てくるまで待って料理します。








th_P7030011
ポルチーニと粗挽きソーセージとズッキーニのパスタ







th_P7030001
たっぷりのポルチーニをまず戻しておく。

戻し汁は捨てないよ^^

パスタの場合、水は少なめで戻す。







th_P7030002
ニンニク、玉ねぎ、ウインナー、ズッキーニを油で炒めます。

その間、パスタを茹でます。








th_P7030003
そして、汁ごとポルチーニを入れまーす。







th_P7030005
炒めて、水分を飛ばすけれど、

やや若干水分が残るはず。

てな訳で、規定の茹で時間より1分早めのパスタを

入れてこのスープを吸ってもらいます。

味付けは醤油のみで。







th_P7030009
辛くない唐辛子をちょっとトッピングして終了!

野菜もたっぷりなパスタです。












th_P6250045
イエス!ポルチーニ〜


この場所でのポルチーニが最高なんだけど〜







th_P6250038
ここの場所は人生初のポルチーニのスポット。







th_P6250041
年に2回出る。

ただタイムリーな時だけ。

行ったら抜かれてたとか、蹴られてたとか、

遅すぎたとか、過去には色々ありました。

それを避けるために、この場所にいつも最初に向かいます。










th_P6170034
6月末もデータにはあるけれど、

この時もノーポルチーニ〜







th_P6300015
先週末も、まだノーポルチーニ〜

今週末もいってこ。







th_P6250002
さて、こんなAランクなポルチーニは

一度やってもらいたい料理があります。










th_P6250007
それは炙りポルチーニ〜







th_P6250008
どってことない、網で焼くだけ。

焦げちゃう手前で塩ふって、レモン。以上。







th_P6250020
これを縦に裂くと?







th_P6250023
この中に濃縮されたポルチーニ汁が内蔵されておりまして。。。







th_P6250035
中から、ジューシーな汁が滴り落ちてきます〜

ジョボジョボジョボぉ〜










th_P6250039
わかりますか〜

これレモン汁ちゃいまっせ!

ポルチーニ本来の水分でっせ!


これを飲みながら、食す。

ポルチーニの究極の食し方です。





th_P6250057
ポルチーニ。

網目模様が素敵です。

こんなわかりやすい素敵な模様は他にないから。







th_P6250061
そして、傘の裏は白いのを選んで!








th_P6260016
そして現場でハサミか何かで、

根っこの土の部分だけを落として、

丁寧に持って帰ってくる。

途中で汚れて欲しくないから。








th_P6260004
あとはさっと拭くか、水洗いで、

そして網の上に〜







P9190033 copy
P7200137
毎回、この汁の滴り落ちる写真を撮るのが定番になってきた。







P9250032
P9250033
色違いの紫ポルチーニも食べ比べてみよう!









P9260041
炙りまーす。







th_P9260085
これさー、

あとで気がつくことになるんだけど。。。







th_P92600852
わかりますかね?

黒い点、点。。。



P9260084
もうわかるよね!






P9260081
P9260082
紫ポルチーニにもあるのよ。







th_PA010330
これだった!

そー、虫たちは、下へ下へ逃げてきて、

逃げきれなくて、そこに集まって

こと尽きた。。。ってことなんだと思う。


この時はそれに気が付かなくって、

そのまま食べちゃってたんだけどね^^






P9250043
食べ比べた結果、ポルチーニ、味が全然違うかった。

どっちがどうということはあまりないんだけど、

確かに違う味でした。

どちらが好きかはお好みってことでしょう。





th_P6260070
th_P6260076
なので、こんないい状態のものを見つけたら、

炙ってみてください。








P6250041 copy
逆に、こんな大きくなり過ぎたやつでも

状態のいいものはこのまま料理に^^







P6250066

ニンニクとオイルで焼くだけ〜






P6250053
アンパンマン!ボクの顔を食べて!







P6250048
ET的な。







th_PA010294
だって、飽きるほど採ってくるからね。

ママったら。







th_PA010296
忙しいんだよ。夏は。


おしまい。






炙ってみたい人はポチッとな♪