th_014
♪ ターラ、ターラララ、ン、、ターラ、ターラララ・・・



で、白鳥の湖の1幕ってわかった人すごい!






th_RIMG0081
吉祥寺にある井の頭公園もそうだ、

葛西にある新左近川の親水公園もそうだ。

白鳥のボート、1匹だけイケメンがいるんだよ!









th_059
トーシューズはカラダが重くて

もう履けなくなったぼく、黒いうさぎのれおんくんのママです。








P2050112
今日はアメリカへ行って何がしたかったのか?

の内のひとつ

バレエ留学を体験してきたよ!というお話です。



まだアメリカの話は続いとるね。。。







th_027 2
留学ってのはネタで、

日本国内でも各バレエ教室には

体験レッスンだとかオープンクラスってのはわりとある話です。

そのオープンクラスがもしアメリカであればいいなー、

一度海外のバレエ教室を覗いてみたいなー、

そんな好奇心から始まっています。










th_054
あったあった!

オープンクラスあったよ!

現地に着いて、インターネットで調べてもらって

メールで参加可能かどうかを伺いました。

そして、アメリカ旅行3日目、早朝、そのバレエ団へ

例のウーバーで行ってみたよ。












th_040
話はそれますが、

再び白鳥の湖です。




033
そー、2009年度のうさコレに参加した。

ぼく、『白鳥の湖』のオデット姫にされちゃったの。。。

かっこ悪いよね〜







044
051
勘弁してよな。。。

翌年からの『うさコレ』はうさぎに服は着せないことになった。

作品のみの審査となりました。

本日のバレエネタ第一弾です。






049 (2)
で、翌年のうさコレは

『ドン・キホーテ』のキトリの衣装を作って応募してみました。





キトリはキトリでも、第三幕のチュチュです。

ストーリーは情熱の国、スペインが舞台です。




021
キトリをモチーフにした

うさぎのハーネス、実用的ではありませんが、

うさフェスタ2010のうさコレで佳作をいただきました〜

第3位ってことね^^






th_001
100円ショップで赤いリボンを2種類買う。





th_004
ライターで炙って、ほつれないようにする。





th_049
ぐし縫いして、絞って、巻く。




th_021 2
th_040 2
ところどころ、ビーズをつける。










th_004 (2) 2
葉っぱや、ハギレのチュールなんぞ使う。






th_025 (2)
頭飾りは即完成〜






th_044
小さいリボンを作る。








th_004 (2)
チュールはホントは赤だけなんだけど、

青、赤、青、赤にすると、

妖艶な感じがした。

即採用。






th_009 2
コレも絞ってチュチュにする。





th_010
コレをベースにしよう。





th_011
6枚重ねのチュール。





th_014
胴回りをつけた。




th_030 3
ファーもつける。





th_053
ゴールドも入れる。





th_006
家にあるやつ総動員。





th_012
白いラインも1本入れとこう。






th_023 (2) - コピー
かんせー!



th_016
リボンが余ったのでもう一つ薔薇を作りました。





th_059
うさぎのハーネスの作品なので、

リードもオサレにしました。


バレエ好きが昂じてこんなことも過去にやりました。









th_031 2
ぼく、いつもこれされてた。。。







th_033 - コピー
足ね。

ママの足ね。

足のストレッチしながら、なでなでしてもらってた。

だからだね、

バチが当たったよ!

バレエネタ第二弾〜





th_045
あー、やっちゃったんだね。








th_017
バレエのレッスンでつまづいて。。。





th_020 (2)
内出血。





th_021 (2)
その日はこれぐらいだったけど。。。






th_035
翌日、広がっていた。






th_037
痛かったなー。






th_044
ガーン。






th_047
あー、やってしまいましたね。






th_023 (2)
ぼくが、やってあげるよ。






th_025 (2)
よいしょ、よいしょ。





th_027
あれ?

やっぱりうさぎにはムリだ。










th_RIMG0046
バレエネタ第三弾〜

ネズミ園です。





th_RIMG0038
ネズミ園といえば、シンデレラ城。







th_RIMG0082
昔は『シンデレラのミステリーツアー』が人気が高かったのですが、

今は、『シンデレラのフェアリー・テールホール』

に模様替えされました〜






th_RIMG0060
th_RIMG0063
th_RIMG0071
小窓から外を見ることができるよ!

ディズニーランドを全部見渡せるよ。



シンデレラ、バレエの演目にもあります。

バレエ版では王子はシンデレラを世界中探すとなってる。

(王子、結構暇だね。っていつも思ってしまう)






th_RIMG0074
最後にガラスの靴があるよ。

履いてみよう!









th_RIMG0076
th_RIMG0244
入るわけないわなー!

次行ってみよー!









th_IMG_0169
はい、サンタモニカ界隈です。







th_IMG_0167
サマータイムだったのか?

8:30からレッスンが開始されるので、

それに間に合うように出たのですが、

太陽の光が8時台ぽくなかったんだよねー。

実際、10時台ぐらいの感じだった。








th_P4040485
あとで調べたら、

比較的大きいバレエ団でした。

オープンクラスの参加料は、

一回20$でした。(安いと思う)






th_IMG_E0168
参加したクラスはビギナークラスです。

レッスンの風景は撮れなかったけどね^^

そうそう、先生は舞台では王子をするほどの

ベテランの先生だったよ!







th_P4040470
天井が広いね〜

前半のバーレッスンは、これより広いお部屋で行いました。

バーの高さがアメリカサイズ!

高いのです。

で、ここはセンターレッスンをするお部屋でした。









th_P4040471
この油絵を撮影していたら、

同じクラスでレッスンされていた方に

写真を撮って差し上げますよ!と声をかけてもらった^^








th_P4040473
じゃ、この絵と同じポーズするね〜みたいなことを言って、

撮影してもらったのがこれ^^







th_P4040475
音楽は全てピアノ演奏でした〜

豪華ですね〜





th_P4040483
日本ではバランセという動作は、

アメリカの先生はブラッシュ、ブラッシュ、ブラシの意味かな?

床をこする、っていう動作で説明してくれた。

それが新しい発見でした。


あっという間の1時間半でした。







th_P4040479
th_P4040480
th_P4040478
奥の教室がバーレッスン専用の部屋のようですね。

次のクラスの人は中級だから

ご覧の通り、レベルが高そうな内容です。







th_P4040488
さー、クタクタだったけれど、

次の目的地に向かいます〜






th_P4040489
今度は電車に乗るよぉ〜







th_IMG_0170
なんか、メトロの銀座線みたいだ!

バーモント駅まで乗りますよぉ〜










th_P4040499
着きました〜

ゴッツ並んでるぅ〜。。。







th_IMG_E0249
ロサンゼルス自然史博物館〜!


そう、これも可能なら行きたかったところ。

ここは見応えがありました。

詳しくはまた報告しまーす!

ここが旅行のメインだったよ!ぐらい。







th_074
てな訳で、バレエネタでお届けしました〜

おしまい。




黒いうさぎのオデット姫にポチッとな♪