th_PA300037
今日は、どんぐりきのこ栽培について

報告しようかな。

いや、その前にその材料である、どんぐりの菌床についての

作り方でも紹介しようと思ってる

元黒いうさぎのれおんです。








th_PA300013
れ : ねー、スーちゃん、どんぐりきのこって知ってる?

ス : えー、ぬいぐるみのぼくが知ってる訳ないよ。

れ : そっか。








th_PA300026
れ : じゃ、さー、どんぐりは知ってる?

ス : ピーナッツに関してはまー、詳しいけど。。。

    どんぐりってなー。。。

    







th_PA300033
れ : そっか。

    じゃ、やっぱりぼくが語るほかないか。。。









th_PB060014
これはぼくが地球最期の日のわずか2日前の話です。

50時間ぐらい前か。。。







th_PB060022
いつもどんぐりをするときは野次馬でやってくるのに、

この日に限って参加しに来なかったんですよ。

このあたりで見学していました。









th_PB010095
あー、亡くなると知ってたら、

このぐり拾いだって、連れて行ったのにな。。。








th_PB010096
この日、連れて行こうか迷ってた。

なんとなーく、その時がそんなに長くないと感じていました。






黒いうさぎのれおんくん 6

ぐり拾い!



th_PB010094
れおんくんはココの公園が好きでした。

アミガサタケにも参加しました。

トリュフにも参加しました。









th_PB020009
クヌギ。。。

どんぐりのスイーツにはクヌギスターチはちょっとね。

アクが多いので、色がよくないんですよ。

料理にするのならまー大丈夫かな?


またクヌギスターチは効率が悪い。

マテバシイはほぼ1日でアク抜きが終わるのに対して、

クヌギはなっかなか終わらない。


そして、マテバシイなら、50%を越える時もあるのに対して、

クヌギはわずか20〜30%止まり。







th_PB020010
でもやってみようと思う。

まずは水で洗います。

いつも通り、浮くどんぐりは捨てちゃいます。










th_PB020012
干します。






th_PB030009
クヌギなんて、虫食いばっかだよ。

自然に出てきます。ゾウムシたちは。









th_PB040005
唯一、マテバシイよりいい点は、

天日で干している間に、勝手に割れてくれます。








th_PB040007
でもやっぱりペンチも必要ですけどね。







th_PB040008
まずはどんぐりを割りまくる。







th_PB040011
予想通り。

沈んだどんぐりだって、虫食い率は高いよ。






th_PB040013
殻の内側には虫こぶも。







th_PB040015
こんな感じで全部殻から出しました。







th_PB040016
th_PB040017
446gありました。






th_PB040019
th_PB040021
ミキサーで粉砕。







th_PB040022
二重にした不職布の袋に入れます。







th_PB040023
洗いながら、デンプンを含む液体を集めます。







th_PB040024
th_PB040027
タンニンが空気と触れて、即、こんな色に。







th_PB040028
そして搾りかすがこれぐらい。








th_PB060019
その後、上澄みを捨てては、

水を入れて撹拌。

そして沈殿を待つ。

これを何度も繰り返す。


上澄みが透明になるまでやります。







th_PB230005
最終的には144g。






th_PB230006
3割という数値は思いのほか、いい結果です。







th_PB230009
茶漉しでパウダー状にして、

よく乾かします。








th_PC040024
そして、ジップロックで保存。

このどんぐりスターチ(クヌギ)は

お料理に使えます。

片栗粉の代用として活用できます。




_______________________________




P5040001
あー、王将だ!

ママったら、また王将だ。







P5040003
王将が大好きです。

最近、大阪王将ってあるけど、

それじゃなくて、老舗の京都王将ね。





P5040005
餃子が大好き!






th_PC030002
最寄りの駅に出来たから、

オープン当初から通いっぱなし。






th_PC030003
目指すよ! 50個!








th_PC030001
そして、いよいよ、ラスト!








th_PC070030
もらいました!

いただきました!

王将の餃子のお皿を!






th_PC070031
50個、限定の小皿はもう終わってしまったので、

代わりに商品券で対応だった。

超、残念だった!

小皿が欲しかったのになー!







th_PC050029
そうそう、たまにお持ち帰りをして、

タレが余ってたので、

こんな風にも活用してみたよ!






th_PC050034
にんにくのスライスをバターとオリーブオイルで

炒めまして、エリンギのスライスを一緒に炒めます。

仕上げに王将の餃子のタレと辛くない唐辛子を入れます。


これゴッツ美味しいのです。

おすすめです。





20130607093543b98
さて、いただいたお皿に何か入れたい!

中華だよね^^




th_PC070016
中華の基本形です!







th_PC070018
わー、いい香り。






th_PC070017
どんぐりスターチつけたアルゼンチンエビを用意!








th_PC070019
投入!








th_PC070020
『ぐり麹』を入れて、

少し水で薄めます。






黒いうさぎのれおんくん 22
エビ一人前にスプーン1杯。



th_PC070022
そこへケチャップを。







th_PC070023
はい。出来上がり。

中華なんて、これで良いのです。






th_PC070025
あっという間にエビチリの完成〜







th_PC070027
れおんくんちの

どんぐり料理 エビチリ


文句なしに旨い!

どんぐり料理研究家だもん。

でも同時に、どんぐりきのこ研究家でもあります。




th_PB040028
このスターチを抽出した後のおからは

きのこの材料にします。







th_PB050054
カップに詰めて、『茸』とやってみる。

この『茸』がどんぐりを食べて広がっていきます。

やがて、真っ白になりますからね。






th_PB050053
th_PB090129
th_PB120008
th_PB300001
th_PC050024
おやっ!

持ち上がってる。






th_PC050021
ウホホーイ!







th_PC040016
あ、また少し成長している。







th_PC070003
子実体発生です!







th_PC070005
th_PC070006
今、こんな感じです。








th_PB050057
一方、『ド』は?




th_PB050058
th_PB140014

th_PB180007
th_PB180006
th_PB250018
th_PC030072
子実体が発生中。







th_PC030073
今回、このクヌギきのこは

準備から発生まで1ヶ月を切りました。

最速です。







th_PC070007
今こんな感じです。






th_PC070009
どんぐりきのこマンションです。

それぞれ観察しやすいようにカップから出しました。






th_PB270008
th_PB270006
雑然と並べてあるような気がしますね^^






th_PB270005
一応、色々区別してあるんです。




th_PB270005
そして、発生しているのは黄色のマル印の中のやつだけです。

他のは遅いね。

きのこの分解が早いのはやっぱりスターチ抜いた後の

おからってことがここからも証明されています。

残りの中身は全部殻付きで焙煎したものです。

研究の余地があるね。








th_PA300019
いやー、すごいことになってますよ。

ママ、忙しくなってきたね。

おしまい。


きのこにとってどんぐりはご馳走なんだよ^^ポチッとな♪