th_P4210066
きのこの鑑賞は楽しいな。

ついでに食べられたら、

ちょっと面白いな。。。

で始めたこの活動。







th_P4210068
今や、地上の発生するきのこは結構やったと思う。

地下に発生するきのこを探すのもまた楽しい。









th_PB120030
また繰り返しになりますが、

動物でもなく、植物でもなく、きのこは菌類。

基本、土の中では白い糸状の物体でその時を待っている。

動物は受精して一定期間を経て、生まれてくる。

そしてそれは次への子孫繁栄と繋がっていく。

植物は種を蒔けば一定期間を過ぎると花を咲かせたり、

実ったり、そして次世代の種が作られる。

きのこはそれらのどちらでもないのです。




P6260038
フェアリーリング。


P6260034
わかりにくいけれど、

輪っかになってる下はおそらく

ソウメンタケの陣地。

ソウメンタケの菌糸がはりめぐらされている。






P6250095
全部発生しないんだろうか?

無駄に出ないんだな。

きのこなりに何か考えがあって、自己主張しているのだな?

それでアウトラインだけ顔を出してるのか?

それとも他のきのこにここはぼくたちの陣地ですから。。。

って言ってるのかな?








P7070044
これも一列になっていますが、

おそらく下で繋がっています。

なので、チチアワタケ10本って数えないらしい。

これで一つ。 

地下ではひとかたまりで同じDNAだからだって。






PB030081
PB030071
見事なフェアリーリング。







PA020303
これも人目に触れない場所だったのですが、
PA020310
ちゃんと円になっていました。

時計の9時〜12時の場所だけ撮影。










P9170048
この日のこれはすごかった^^






P9170045
大きいからわかりやすい。





P9170051 copy
P9170046
円になってますよね。








th_PA010066
th_PA010064
P9130008
大きいきのこはわかりやすいな。






P4210054
P4210055
これはやらせフェアリーリング。





th_PA020016
th_PA020009
ママ、ぼく、きのこに囲まれてる。。。



自分の居場所を自分で見つけ、

そこで餌を探し、そこで自分のテリトリーを作り、

ここぞというタイミングを自分で決めて

ある日、いきなり子実体へと姿を変える。

それがきのこ。

Xデーは自分で決める。


きのこ栽培はそのXデーを人間が勝手に

コントロール出来るという点が

面白いのかもしれない。







th_PB050057
新しい発見をまたしました。

『ド』です。

レシピとしては、クヌギ(殻なし)、市販のきのこひとかけら。

あとはちょっと企業秘密。






th_PB050058
このカタチ、何か思い出しませんか?




黒いうさぎのれおんくん 11



183
119 copy copy copy
何が言いたいかわかりますか〜?

縄文人はどんぐりスターチをこの縄文土器を使って

やっていただろうという仮説の他に

もう一つ追加で

あとはきのこ栽培もやってたんと違うか?という

裏付けが取れました。なんちゃって仮説が増えました。







th_PB140014
th_PB180007
これもだんだんと白さが濃く。
th_PB250020
いいぞ!





th_PB180006
th_PB250018
もうここまで来ました。

これは11月15日に作った分です。

10日目です。





th_PB190042
これもコナラで同じ日にしました。




th_PB090130
菌糸がどんぐりを覆っていく。







th_PB190043
きのこの菌糸が上から下へ伸びているところ。

これが当たり前のことだけれど、

先が細くなるとスピードも早い。

上からみて同じでも細いことによって容積が少なくなる訳だもんね。

そんな当たり前のことに気がつくの遅すぎ。

なぜそんなに急いで白くしないといけないのか?

それはカビだって、狙っているわけで、

カビはやっぱり強いのです。

カビにスキを与えては、全滅の危機に瀕する。







021
025
逆に広い面積で浅くやる方法は昔やったことがあります。

これはピンオークきのこです。

こういった方法もありですけどね。








th_PB220003
th_PB250027
th_PB250029
『ピ』も顕著に育っている。








th_PB220004
th_PB250021
th_PB250025
『ブ』も同時にしてみた。









PB100001 copy
PB100001
PA260003
実はこれ、去年のどんぐりきのこの菌床です。

これ、このあと、ほったらかしにして

水分もすっかりと抜けて、カッスカスの状態で

1年冷蔵庫の上に放置していました。

イメージ的にはメラミンスポンジ状態。










PA270009
この発生はれおんくんも一緒に観察しました。

ちょっと目やにが酷くて、治療中だった時です。








PA270002
オマイ、一年後、もうぼくがいないって知ってたかな?







PA270011
オマイの一年後はぼくはいないよ。

オマイの一年後はぼくは見届けることが出来ないよ。









th_PB230003
先日、しっかり浸水させて、新聞紙に包みました。






th_PB2600652
th_PB260065
3日ほどで菌糸が蘇って来ました!

ただし、カビも同時にです。。。





th_PB260066
th_PB260067
わかりますか〜

きのこって乾燥にも強い。

カビはわーっと全面に広がるだけ。

きのこはこうやって菌糸が繋がって広がります。

そして、どんな時にも条件次第では

自分で生き返ることが出来るんです。

動物なら、一回死んだら、もう魂は戻ってこないけれど。。。

植物だって、一度枯れてしまったら、復活はしない。

きのこは復活が可能なのです。








th_PB260069
th_PB260071
カビも一緒というのが悩ましい。。。

カビはおそらく表面だけのことだから

これ一度洗って、新しい新聞紙に包んで、

冷蔵庫でゆっくり復活させようかと思ってます。










PB160013 copy
オマイも、そうか。

オマイも一年後ママが復活させてくれるんだよ。






PB160010 copy
なのでぼくは未来を信じて、

オマイにも、一年前にお別れしておくよ。







PC300129
れおんくんの思いが通じたのか?

このどんぐりきのこは見事な結果を残しました。






th_PB240005
でも、例によって、ほったらかしにして、

さらに落として、パキっと折れてしまったけれど。。。

5グラムとか6グラムとかそんな重量になったまま

放置されていた。







th_PB250008
これも今、浸水させて新聞紙に包んで冷蔵庫。

カビないように、調整しながら、復活を試みています。

れおんくんの1年前の顎スリスリの

おまじないに効果があるでしょうか?








th_CIMG1002
カブおー、残念だな。

ぼくたちは、所詮動物なんだ。

いいよな。

きのこは、菌類はね。









th_PB070012
さてさて、問題の新しい地下生菌。

トリュフはもう何回も食べてるし。。。

ぼちぼち違うやつ食べてみようかな。。。







th_PB230058
先日のアカダマタケの大きい方をカットしました。






th_PB230006
殻だけのはカビだか、自分の胞子だかよくわかりませんが

発生してきました。

これは顕微鏡があればわかるんだけどね。。。








th_PB230007
th_PB230008
ケカビかもしれないし、

自分で復活しようとしているのかもしれない。








th_PB230009
アカダマタケは北米では食べてるって情報を伺ったので。。。








th_PB230038
アカダマタケの料理を用意してみたよ^^









th_PB230011
いらっしゃいませ。

ようこそ、きのこ料理専門店、kurousaleonへ。

申し遅れましたが、

わたくし、シェフの『黒偉乃』です。









th_PB230012
本日のメインはこちら、

アカダマタケでございます。





th_PB230014
ただいま、スライスしてまいります。






th_PB230019
まず洗って、拭いた。

ちょっと黄色い汁が出てるね。





th_PB230021
まずはカットして参りました。

模様をご覧ください。

香りを楽しんでご覧ください。






th_PB230025
模様はあのトリュフとはまた違うね。
th_PB230023
香りは強いよ!

フルーティーな感じ。






th_PB230022
それでは、ただいま、お召し上がりいただくために、

カットして参ります。





th_PB230036
th_PB230037
ちょっとドキドキだわ。







th_PB230059
怖いし、刻んで喰ってみよう。








th_PB230035
うわ!









th_PB230033
これはドライフルーツのような食感。

そして、味はブランデーに漬け込んだ

例えば、ラムレーズンのような・・・


飲み込む際に、わずかな苦味。

後味は、フルーツボンボン喰った後のような。。。

喉の奥が熱く感じた。











th_PB230045
そして、咳をしたら、器官からこの香りが逆流する。。。

数時間先までそれが持続しました。

たった、この一切れを食べただけなのに。。。








th_PB230048
不思議の国のアリスで

きのこを一切れ食べたら、

アリスがグーンと大きくなるシーンがあるよね。







th_PB230047
なんかイメージ的にはそれ。

大きくなれたかも。

それぐらいの衝撃が来た。








th_PB230040
たったこれのひとかけらだったのにな。。。







th_PB230057
地下生菌ってそんなパワーがみなぎる素が含まれているのか?








th_P4210069
きのこの謎はまだまだあるね。

ぼく、もっと勉強しないとな。


おしまい。




アカダマタケホントに喰ったの?勇気あるな!ポチッとな♪