th_P9300072
ぼく、ちょっとすごいこと気付いちゃった!







th_P9300071
よそのうさぎには内緒だよ!

真似しちゃって、エラいことになっても知らないよ^^







th_P9300073
それは自己責任ってやつだからね。

このことはどんぐり研究家のぼく限定だからね!








th_P9300070
あのね、

ぼくね、

1個だけ食べちゃったんだ。








th_P9300069
だって、ママったら、ここでどんぐり割るんだもん。








th_P9300074
最初は遠慮がちにカケラだけを探して食べてた。

お話の続きはまた最後にね^^










th_P9090029
マ・マー、いつ割るのー?


そろそろやるか。

ぐり麹2017!








th_PA050033
ぐり麹とは、どんぐりから作る味噌。

どんぐりの発酵食品です。


これについては、2014年に『ぶらり途中下車の旅』で

テレビ局がお家にきて、放映してもらいました。









th_P9300051
th_P9300053
th_P9300054
マテバシイです。


マテバシイの発酵食品です。







th_P9300056
薄皮が付いてたって別にいいよ。


どんぐりは外からじゃわからない。

ひとつ、ひとつ、割って、中身を確認して使います。

カビてたり、黒かったり、臭かったり、

選別が大変です。

マテバシイを使うには理由がある。

虫喰いがない。アクが少ない。

サイズ大きいので拾うのにも割るのにも効率がいい。







黒いうさぎのれおんくん 9
でもその前に、大まかに選別をしておく。

いいどんぐりと、わるいどんぐりとに。





黒いうさぎのれおんくん 2
そして一旦、冷蔵庫に冷やして割ると、

なんか効率がいい気がしてる。





th_P9300057
これは薄皮が取れてるやつ。

とにかく、みずみずしいのがいい。

カチカチのはダメ。

多少なりとも弾力が感じられるものが良いどんぐり。

それには落ちてすぐのプリプリどんぐりが必要だ。






th_P9300059
生のどんぐり、生どん用意!









th_P9300061
一度、茹でこぼします。






th_P9300063
このタイミングで、

ザルに。









th_P9300064
水に晒して、薄皮を剥がす。

ペロンと取れます。








th_P9300066
トゥルトゥルにして、

再び茹でる。

この時、ちょっと黒かったり、固そうなやつは捨てちゃいます。





th_P9300079
こんな感じになりました。







th_P9300081
熱々のうちにフードプロセッサーで

この時、茹で汁を少し足してあげると柔らかめに仕上がります。








th_P9300083
ブーン。







th_P9300086
裏ごしをします。







th_P9300088
そうすると、最初の重量の1.5倍ほどになるので

逆算をして、生どんの量をいつも決めています。

というか、統計を録ってるとだいたいそうです。









th_P9300089
塩入れる。

塩の量ですが、

塩分濃度が全体の15%だとちょー塩辛いけれど、

常温で半年は保存できるらしい。

11%だと冷蔵庫で3ヶ月、

その中間だと

13%だと冷蔵庫で6ヶ月だったか常温で3ヶ月だったか?

いつもは炊飯器でしてたので蒸発することを視野に入れて、

10%でレシピ作ってました。

仕上がりはいつも11%を作っています。








th_P9300094
70℃ぐらいのお湯入れる。







th_P9300095
毎度お世話になります。

伊勢惣さんのみやここうじ





th_P9300097
いつもなら1袋全部(200g)使うのですが、

今回はちょっと節約モードで半分の100g

これで出来たら、大成功!

今までの倍作れることになるからね。


実質、どんぐりの味噌にかかる経費は

この麹代だけだもん。








th_P9300098
入れました。







th_P9300101
この時点で糖度は13.5%ぐらいです。

どんぐりは栗の親戚だし、多少甘いんです。








th_P9300102
th_P9300103
麹もまだ粒々して硬いです。

なめたら、ただ塩辛いだけ。






th_P9300105
ヨーグルトメーカーで検索したら出てくる

この機械。

実はヨーグルトは一回もやったことない。

梅シロップとか年に何回か使っている。








th_P9300106
蓋が2段階になっている。







th_P9300107
何がいいって、

こうやって引っ張り出したら、

中身がよくわかるという点。






th_P9300108
分量もわかるね。






th_P9300109
で、60℃、6時間の設定で!








th_P9300110
発酵開始!







th_P9300127
途中経過〜







th_P9300128
麹がふっくらしてきた。







th_P9300129
18%に上昇。

そして、14時すぎにれおんくんの病院へ出かけて、

戻ってきたら、もう18時を回ってた。





th_P9300132
さてさて?






th_P9300133
お! 25%にまた上昇〜








th_P9300141
そこで裏ごしをしました。

そして戻しました。








th_P9300143
6時間経ちました。

31%に!







th_P9300145
なめたら甘しょっぱい。






P1210049
これがぼくの糖度計!







P1210050
P1210051 copy
こうやって、チェックするの。







th_PA050024
ぐり麹2017完成でーす!








th_P9300076
えーとねー、

えーとねー、






th_P9300117
1個もらったんだよ。








th_P9300114
そしたら、突然食欲が出てきて、

野菜も食べるけど、

藁もたくさん食べられるようになって、

お水も飲んで、体重が安定してきたんだ!

どんぐりはやっぱりぼくにとってはすごいかもしれない!

もしかしたら、どんぐりは不思議なチカラがあるのかも!

おしまい。




すげーや!あのどんぐりが生命力の源だったなんて!ポチッとな♪



1505083868
クリックしてみよう!
9/30〜10/ 9きのこで描いた、れおんくんの画を筑波実験植物園の
『きのこ展』にて出展させていただきます。是非、見つけみてね^^