P3080016
はい!れおんくん!







P3080018
まじでー?

そんなにおいしいの〜?


ウサギにはわからないなー?


アメリカウラベニイロガワリって旨いやん!

ってママが言ってる。







P7020042
なんと!

今後はこのきのこも食べようと思う!

謎が多いんだけどね。










P7020040
もう今までは遊びまくっておしまい。

そんなきのこだった。









P7020038
ベルベット風なきのこなんだけどね。







P9170008
これは去年イロガワリ。

ポルチーニさがしていると

同じ時期にみることが出来る。


そりゃそうだ、同じイグチ科のきのこだもん。










P9050037
こんな目立つきのこも珍しいか?









P9050038
わかりやすいというか。。。








P6190221
いつもの場所に毎年発生します。







CIMG1410
今までは、イロガワリって呼んでいました。








CIMG1414
絵が描けるんです!

触ったところ、

傷をつけたところが青く色が変わるんです!


そうそう、こうやって、スポンジ状のものが

イグチ科の仲間です。









CIMG1467
切った瞬間、さーっと青く色が変わります。










P7190099
なわけで、こんな文字もくっきりと〜









P7030030
今回はそれを料理にしてみた!

美味し過ぎ!


あ、ちょっとその前に遊んでもみた。










P7030011
ニンニクとバターとオリーブオイルです。








P7030013
スライスしたイロガワリを入れるだけ!








P7030014
塩して、炒めます。








P7030015
仕上げにミニトマト〜








P7030019
美味しい!

これはイケる!

今回は炒め物にしたけれど、

これスパゲティーの具材にも使えるはず!














P7020045
ヤナギマツタケの大収穫のあと、

これをいつもの場所で見つけた。


ヤナギマツタケについては後日ご報告。








P7020048 copy
ハサミで切ったら、即、このように!








P7020083
汚れを落とそうと、

お水をいれてみた。








P7020084
もしや、青い色出てます?









P7020087
あ、間違いない!









P7020088
引き揚げてみた。

ものすごくキレイなブルー。









P7020091
ということは、断面積が多ければ多いほど、

濃い青になる?

ジャンジャンカットした。









P7030005
漬け込んでみた。

一晩冷蔵庫に寝かしてみた。







P7030006
ザルにあけました。








P7030007
予想通り?








P7030008
うん。濃いブルーだね。

これ、絵の具に使えるね。

なんたって、きのこ画伯だもんね。

れおんくんのママは。。。







P7030013
これ、最初は捨てようかと思ってたけれど。。。








P7030009
キレイな蒼いブルーの絵の具も出来て。。。






P7030022
勿体ないから、食べちゃった!

(注:きのこを食べる食べないは自己責任なので

ノークレームでお願いします。

また、イグチ科の中でも食べてはいけないものもあります。)








P3120059
よいこのみなさんはマネしないでね。

ぼくのママだから大丈夫なだけだよ。

おしまい。




さ、お絵描きしてみよう!ぽちっとな♪