030
ハロー!

ぼく、2009年のれおんだよ!

えーと、3歳半ぐらい。








P7200008
天然杏仁豆腐


香りが天然なんです。

アーモンドエッセンスは使っていません。







P7140016
アンズのコンポートから作るよ〜^^






P7140021
洗いました。







P7140025
半分に切ります。





P7140029
種取ります。







P7140032
おっと!

カビを見つけたら、

スプーンでカビのまわりだけを

えぐって捨てちゃおう。







P7140034
種はあとでね。






P7140033
レモンを絞ります。








P7140036
アンズに砂糖とレモン汁を入れて

加熱します。







P7140044
P7140047
1分〜2分ぐらいでいいよ。

自然放置。












P7190022
杏仁豆腐は粉寒天が定説なんだけど、

今日はこのアガー粉使います〜







P7190023
アガー粉は、海藻由来で、

なんと常温で固まってくれる。

ゼラチンみたいな滑らかな舌触りなのに、

凝固時間が短い。

水100ccで1袋。








P7190026
まー、たいがいは、

杏仁豆腐と言えば、この杏仁霜を使うことだろう。

もしくは、アーモンドエッセンス入れるだけとか。









P7190027
水とアガーと杏仁霜を混ぜております。

加熱します。








P7190029
で、砂糖です。







P7190033
仕上げに牛乳150cc入れました。







P7190035
ちょびっとだけ器に入れて、固めます。

氷をいれた水なのであっという間に固まります。








P7190038
まずは、刻んだコンポートを。







P7190040
残りを全部入れます。

あとは冷蔵庫で冷せばオッケイ!








P7190043
横からもキレイ^^








P7200006
で、コンポートをのせて完成!








P7200031
杏仁豆腐だわ!





ところが!これではホントの杏仁豆腐とは言えない!









P7170009
これがさっきの種の中身。

硬い種の殻を割って取り出した、

アンズの中の仁です。







P7170011
潰します。

少し水を入れた方がいいかも。





P7170012
潰して、あの杏仁豆腐を香りを出します。

てかこっちがホンモノの香りなんだけどね。








P7170014
杏仁エキスとでも言っておこう!









038
これを濾すと、杏仁豆腐の香りのエキスが完成。









042 copy
この乳白色の香りのエキスを使って

作るデザートこそが、ホンモノの杏仁デザートだ!








055
これは過去にやった、

天然杏仁豆腐。






031
ちょっと目玉焼きみたい?







028 (2)
杏仁豆腐だよぉ〜








036
これだとどうだ!


でもやっぱり杏仁豆腐〜








070
目玉焼きみたいなスイーツを目指してみた。

ケチャップみたいなのはプルーンソース。








027
ぐちゃぐちゃにしてみました。

それでもやっぱり杏仁豆腐。







038 copy
今度はそれを二層にしてみましたよ。







004 copy copy
下の段が杏仁豆腐。

上の段はシンプルなゼリー。







015
これが出来上がり。








020
泡がキレイです。








028 copy
カットしてみました〜






034
れおんくんちの杏仁豆腐です。

しかもアーモンドエッセンスも杏仁霜も使っておりません!

香りは天然です。









014
まだやるかね。

ママ。

これは目玉焼きバーガーだね。

ぼくは騙されないよ。











028 (4)
以上。

今日はアンズを買ったら、とことん使おう!のコーナーでした。

おしまい。



旨そう!目玉焼きが!って思った人はぽちっとな♪