P2070021
ワシワシ。

ワシワシ。

例によって、旨いもん食べてる時のれおんは

目の耀きが違います。







P2070002
P2070001
カリフラワーのオレンジブーケの外側の

葉っぱは全部れおんくんにあげました。








P2070004
オレンジブーケ、一般的なカリフラワーに比べて

ちょっとお高いですが、美味しいと思う。

花野菜ではありますが、こう見えて、

キャベツ、小松菜、白菜の仲間です。







P2070023
アブラナ科の葉っぱはカラダにいいよ!

今日はうさぎにはカンケーないケーキね。

でもぼくも少しはお手伝いしたんだよ。








P9100155
毎年、秋にはどんぐりを拾うよ。








P9180030
割るよ。

ぼく、この時にママに呼ばれた。









P1150014
P1150019
P1150011
P1150012
P1150010
と、まー、この程度の手伝いですが。。。







P9180038
プリプリどんぐり。






P9180057
この機械は去年導入。

値段知ると、みんなきっと驚く。

仕方ない、今後の研究費の経費として計上ってことでね。









P9180058
一瞬でパウダー状に。








P9180097
まずは水に澱粉を溶かして洗い出す。









PC120050
水に晒すこと数回。











PC190010 copy
ハイ、抽出されたどんぐりスターチ。








P9160008
パウダー状にしました。

これをサラサラになるまで乾燥させて保存します。










PB230074
今回はその保存されてた、

どんぐりスターチを使うよ。

それを再び、水で溶かし。。。


あんなことして、

こんなことして、

えー、まじで?

またこんなことして。。。

最後にこうやって!

(企業秘密なので)








PB230078 copy
色々やって、ドロドロの液体になれば、

瓶に注ぐ。












PB250072
あとは放置しとく。

次第にブクブクしたり、

ぺちゃぺちゃおしゃべりしたり、

面白いのが、

この二つ、まったく違うものに変化していきます。

全く同じ条件でも空気中の酢酸菌なのか?

まー、なにが根づくかで方向性が変わるよってこと。









PB250077
この時が一番騒がしい。








PC050024 copy
いよいよ、酵母が出来て。。。

水分も蒸発して、

もうドロドロになるよ。







P2050044
尚、もう片方の成れの果て。




P4250101
ちょっとアミガサタケにも似てるね。










P2050040
もうこの時は完全に酸っぱい味がします。

圧搾して、濾したら?








P2090032
なんとお酢になってる〜!


これがどんぐりビネガーです。









P2090044
カニかまをネギとゴマ油で炒めて、

帆立の缶詰め。

何が出来るかな?





P2090057
あんかけにどんぐりビネガーを使ったよ!

ぐりかに玉。






P2110010
下味して衣付けた鶏肉使って

ゴマ油と和えて、レンジで加熱。





P2110018
これを甘酢の入ったお鍋で煮詰める。





P2110020
甘酢にはどんぐりビネガー入り。






P2110031
鶏肉のぐり酢あんかけ〜

他にも使い道はあるのだけれど。。。





__________________________________

P2110040
そのどんぐりビネガーの残渣で

ケーキを焼きました。

焼きティラミスです。


尚、残渣はチーズのようなクリーミーな

それでいて、超酸っぱいです。









P2110009 copy
マーブル模様は珈琲です。








P2110001
器は油を塗ってあります。







P2110002
薄力粉を少しまぶしてあります。

取れやすくしておくのです。







P2110006 copy
卵白2個に砂糖は20グラム








P2110016 copy
しっかり泡立てて、メレンゲ状に。








P2110008
一方、卵黄2個には砂糖30グラム、

どんぐりビネガーの残渣120グラムを入れて泡立てる。

(元々、120グラムあったのですが、

画像は60グラム入れて撮影、

その後味的にイケそうなので全部入れた)







P2110009
生クリームを50ccほど入れました。








P2110010 copy
さらによく、混ぜておく。








P2110013
このようになりました。







P2110011
薄力粉40グラム、

ベーキングパウダー少々。








P2110019
篩っていれました。

混ぜます。







P2110020 copy
最後に、卵白のメレンゲを3回ぐらいに分けて

泡を壊さないように混ぜます。








P2110022
一回目〜







P2110023 copy
2回目〜








P2110024
3回目〜








P2110017 copy
インスタント珈琲がひとつ、

奇跡的にあった。








P2110025
溶かして、入れました。






P2110026
軽く混ぜた。








P2110028
ポン、ポンっ!と落として空気抜く。







P2110029 copy
そのまま器に。

そして、お湯を張って、170度余熱で焼きますよ。








P2110037 copy
焼き上がりは盛り上がっているけど、

冷めるとぺちゃんこになる。。。







P2110001 copy
取り出してカット。













P2110020 copy copy
どんぐりケーキが焼けました!

チーズの風味と珈琲の苦み。

まるでティラミス。

焼いてるから、

味は焼きティラミス。

しかし、どんぐりだし、ぐりティラミス。








P2070019
どんぐりスイーツ次回にも続きまーす。

おしまい。


世界にひとつ、どんぐりスイーツ!ぽちっとな♪