PB080009
よしよし。

ぼくのシイタケ。








PB020041
先週の火曜日はコレ。

PB080001
もうすでに収獲していて、

一週間後はコレぐらい。

今はもーっとすごいよ!








PA270011
しっかし、それに比べて、

ひまらやんったら!!


IMG_20110927194229

ひまらやんとは、

どんぐりで作ったきのこ、どんぐりきのこです。

地球を救う、ちびっ子菌士。 

(今までは戦士でしたが、今回から、菌士に変えてみました)







RIMG0049
れ : おい!地球防衛隊のひまらやん!

    おまいちゃんと自分の仕事してるか?


ひ : あ、忘れてた。。。

    ちょっと今から、どんぐり分解してくるわ!

    



(れおんに言われて、仕方なく、さっき、芽を出しました

乞うご期待。)







PB080006
気まぐれな、どんぐりきのこ、ひまらやんを育ててると

やっぱ栽培しいたけは、手堅いな〜

いいぞ!

しいたけ!





PB040002 copy
きっちり収獲!

きっちり消費!







PB040005 copy
傘開くこんなビミョーなタイミングは

栽培故見ることが出来ちゃう!







PB080012
さて、りあるきのこの山!

どんぐり料理にしてみようと思います!







PB080016
オマイら〜!

全員出動〜!






とその前に。。。

どんぐり料理って何って人も増えてきた模様。

定義を語っておこう。







黒いうさぎのれおんくん0index

どんぐり料理とは?

そのままどんぐりが入っている料理では、ほぼほぼない。

どんぐりのアクを徹底的に排除して、精製した澱粉(スターチ)

またそのスターチの特性で加熱させて、糊化を活かしたもの、

または糊化させたものを酵素で加水分解して凝縮した蜜(飴)

麹を利用して発酵させて新たな資源にした味噌(ぐり麹)

また同じく麹を利用して発酵させて、空気中の酢酸菌に

依存して、それを融合させて出来た酵母(ドングリ酵母)

そしてそれを熟成させたのち生まれてきた酢(どんぐりde酢)

その残渣はクリームチーズの代用にも等しいもの(ぐりームチーズ)

それらを単体、または複合させることで

世界にココだけ!という究極の創作料理が毎回誕生するわです。






P9060063
世界中さがして、ここまで出来る植物って他にあるか?

ないだろう。

研究費がタダで出来るってものは!


だから、10年近く継続してやれてる。

足りなくなれば拾ってくればいい。

保管するスペースも要らない。

第一、栽培する必要もないのだから。








136
遡ること、五千年前(よりもっと前から)

稲が大陸から渡ってくるまでの間、

間違いなく、日本人の主食であった、どんぐり、

あの賢い縄文人しいては、もっと前の先人たちが

これをやらなかったとは思えない。


自分はこれだけのことがやれてたんじゃないか?

という検証をやってるだけのことかも知れない。

そもそもはやってるという仮説を立ててやってました。

謎の解明ほど楽しいことはない。







104
どの縄文史料館へ行っても、

必ずある、どんぐり割りのための道具。







019 copy copy copy copy copy copy
土器の数々。




119 copy copy copy
163 copy
162
これはどんぐりのために活用されてたはずだ!

と自分なら言える。(誰も聞いてこないけど)








黒いうさぎのれおんくん 11

証明も出来る。

仮説に基づいてやってるからね。








186 copy
今、すべてのライフラインがストップしても

この知恵さえあれば、やっていけるよ!

火熾しは虫眼鏡でやるだろうけど。。。









103 copy copy
平成20年だね^^

8年前の話ですが、この、青森、三内丸山遺跡での

縄文料理コンテストをきっかけに

どんぐり料理を本格的に研究することがスタートしました。

それまではなんとなくでした。

いろんなどんぐりのスターチを精製して簡単な料理ぐらいでした。







034
これがその時に出品作品。

帆立のチャウダー(栗餅入り) と どん栗パン


なので、当初はこんなチープなものぐらい。


今は違うよ!

この数年間でどんどん進化してるからね!







010
優秀賞の景品は

活ホタテ4キロ。

縄文料理コンクールだというのに。。。

ほかに、どんぐりやってる人いなかったからね^^







053 - コピー
ある日、三内丸山遺跡の時にお世話になった館長さんから

電話がきました。


ある、新聞記者の方が、どんぐりやってる人を探すのに、

まず、この青森の三内丸山に連絡して尋ねたそうです。

あー、そう言えば、縄文料理コンクールでどんぐり料理を

やってた人がいましたよ!ってことになり、

それで連絡先を教えてもいいですか?と連絡がありました。








204
207
そして、スターチ精製の取材を受けることになりました。

それが2010年のこと。

日本農業新聞に掲載されました。









PC270010
それがきっかけで、

日本農業新聞さんとのご縁が出来ました。

そう、それを尋ねた方が今お世話になっている、

日本農業新聞社さんの記者の方だったんです。









PC270015
毎週土曜日の連載なので、

1年間でこんなにも!

もう3年目だから、もうこの新聞たちは段ボールで2箱になりました。







PC130001
それ以外にもスポットでどんぐりを取り上げていただいています。

この方に、どんぐり料理研究家

って名前付けていただきました。

今では誰もやってないことをたくさん経験して恥ずかしくないけれど、

当時はあの程度のレベルで名乗るには、ちょっと恥ずかしかった。








RIMG0002 copy
RIMG0022 copy copy copy copy
そこから数年後、どんぐり料理が食べてみたいとオファーがあり、

一通り作りました。

がしかし、さすがは、一流の○レ○番組制作者さんです。

求めてるものが違い過ぎました。


これではただのお料理上手な人でおしまいです。

もっとインパクトの強いものお願いします。

・・・だって、○○さんは『どんぐり料理研究家』ですよね!


と言われたのです。。。

なんかガツン。。。と来ました。









top3
で、『超』悔しくて、お帰りになられたあと、

色々迷った結果、試しにこの画像を送りました。

そしたら、トントン拍子で話が進みました。

これのどこがそんなにいいのか?わかりませんでした。

正直、すごく不本意でした。

だって、これはどんぐり味噌の余りのどんぐりで作った、

副産物だったからです。

一番やりたくない、どんぐり混ぜるだけのスイーツだったのです。

これはやろうと思ったら、誰だって出来ちゃうからです。

負けず嫌いなので、なにか差別化を思案しました。

本番は砂糖を一切使いませんでした。

本物のどんぐりスイーツとして徹底してやろうと思いました。

その熱意は伝わったようです。








RIMG0086 copy copy
PB220033
前日に、飴をいつもの10倍の量作った訳です。








CIMG0665
普段はバレエにしても、負けっぱなしなんだけど、

どんぐりだけは負けたくない!










PB080019 copy
万能調味料 どんぐり味噌(ぐり麹)2016。

酒、砂糖、醤油、みりんこれ、全部まとめてるような

調味料。




黒いうさぎのれおんくん 22
お肉100gに対して

スプーン一杯で完ぺきな味が可能。






PC310084
どんぐりde酢

どんぐりビネガー。

2〜3ヶ月かかって、作るんだけれど、

すっごい貴重な調味料なんだけど、

今年の分がもう出来上がりそうなので、

去年のをどんどん消費したいと思います。







P9280129
先月中旬のどんぐりde酢 どんぐりビネガー

今は蒸発して、水分がずいぶんと凝縮している。








P1210050
れおん博士?糖度はどうだ?
P1210051 copy
うーん。低い!

糖度が5%だよ〜ママ〜

なので甘いお酢ではないのですが。。。

酸っぱいのは酸っぱいのです!

凝縮すれば、甘味が上がるから、

ちょっとそれ狙ってる。






黒いうさぎのれおんくん 5

ぼくの研究は酵母(微生物)まで作り出せるよ!







PA220093
今この酵母を集めて、冷凍している。

採っては、発生させ、採っては発生させ。。。

いつかはどこかの大学の研究で役に立つかもしれないし、

または世紀の大発見に繋がる可能性だってゼロじゃない。

ドングリ酵母でれおん博士がうさぎノーベル賞を貰うのも

時間の問題かも^皿^







RIMG0014 copy
まー、ウサギの世界で酵母なんて、

あんま聞かないけどね。







PA220095
どんぐり酵母の世界は見てるだけでうっとりだ。





PA240015
早く、本物の顕微鏡か、

せめて、マイクロファイバースコープが欲しいな!

ルーペでもいいか。この際。


尚、顕微鏡、東京大学前の専門店に問い合わせをしましたら、

コレ、ピンキリでして、

原理ははるか昔、顕微鏡が出来た当時と同じなのですが、

光を取り込む仕組みが最新技術か、そうでないか、

新品なのか中古なのか。。。

いいやつで、新品だと7桁だった。ふぁー!










PB080046
どんぐり料理

椎茸麻婆茄子


いよいよ、椎茸とコラボするからね!







PB080042
わかりにくいけれど、

麻婆茄子に椎茸入れただけの話。








PB080011
茄子はコレ。

白茄子。白とろ茄子とも言う。






PB080012 copy
半分に切って、1センチ強の幅ぐらい。







PB080014
濃いめの塩水でアク抜く。








PB080016 copy
その間、とれとれの椎茸を切っておこう。

20130607093543b98
中華の基本はれおんの言ってる通りです。

ご参考に。








PB080017 copy
ニンニク、ショウガ、長ネギ、トウガラシをゴマ油で炒める。







PB080021
香りがついたら、豚ひき肉。







PB080024
茄子投入。

炒めたら、水を加えてちょっと煮る。





PB080025 copy
どんぐり味噌(ぐり麹)準備!







PB080027
茄子多めなので、コレぐらい入れちゃう。







PB080029
最後に椎茸だ〜!







PB080031
全部に味が馴染んだら、

コイツをちょろっと。


どんぐりのお酢です!









豆知識 のコピー 3 copy

中華は仕上げにほんの少しお酢を入れると

味がまとまる。

これ豆。






PB080032
ジャ〜





PB080035
このトウガラシは辛くないトウガラシです。

ジャンジャン使うのです!







PB080040
出来ました!

椎茸入れると入れないとでは全然違う!






PB080002
じゃ、もうひとつやっとく?








PB090022
どんぐり料理

キツネニラ餃子


その昔、ダイエット中、なるべく炭水化物を避けるため、

餃子の中身を餃子の皮ではなく、

薄揚げに内蔵してみたことに始まります。







PB090002
ニンニク、ショウガ、どんぐり味噌(ぐり麹)を

豚ひき肉を先に混ぜる。

味が馴染む間にすること。






PA060036
ぼくたち、ぺちゃんこくらぶだよ!






PA060038
よいっしょぉ〜!

ジャーンプ!






PA060037
ギュ!

フィニッシュ!


これでお揚げが袋状になったはず!









PB090003
お揚げは、いつも袋の外から切ります。

切るというよりは、

押す、抑えるという感じ。


すると包丁がベタベタしません。







PB090005
PB090007
PB090009 copy
挽肉に、椎茸入れて、ニラ混ぜて、

中身できあがり!








PB090011
あとはフライパンで両面焼きます。

蒸し焼きです。






PB090012
あんかけに、どんぐりビネガーを使います。








PB090015
焼けました〜







PB090017
ジャ〜







PB090020
はい、出来上がり!


豆知識 のコピー 2 copyお酢のチカラが発揮出来てます。








P7180002
さて、ここで冬瓜!

夏買った冬瓜がずーっとあった。

いよいよ使う時が来た!








P7180022
今回は、こんなくり抜いて。。。





CIMG0909
こんなことして〜






CIMG0950
器にして蒸して食べたりはしませーん。








P7180047
ましてや、金魚を彫ってみたり、



P7180109
帆立貝貝柱のいいやつだって使いません。







PB040008
冬瓜と豚バラ肉です。









PB040015
豚バラと椎茸と冬瓜のスープ


これはどんぐり料理じゃないよ。






PB080004
椎茸どんどん出来てきたね。







PB080008
ぼくがママのお手伝いで、霧吹きしています。

ウサギ、退屈なんだよ、昼間はね。



おしまい。



どんぐりの研究の発表、これはまだほんの一部です!ぽちっとな♪