PA120010
やーやー、

蒸しタオルでまどろんでる、

ぼく黒いうさぎのれおんですぅ〜






PA120008
♪いい湯だな〜






PA120001
べちょべちょに水で濡らした

タオルをレンジで20〜30秒。

ちょっと冷ましていいカンジで

頭にのせるだけ。






PA120003
ぼく、目やにがひどくってさ。。。


うさぎはね、瞬きが30分に1回ぐらいなんだけど、

その理由は瞬きしてる間にライオンに襲われる可能性があるからで、

目を潤す涙も人間とちがって、ちょっと粘度があるらしく、

それが溜まって固まってしまってた訳です。

鼻涙管を洗ってもらいました。

鼻涙管が詰まっていても、その分泌液が溜まって固まるから、

やっぱ病院に行くことにしたのです。







PA120014
こんなにも。。。

塊が〜@0@!








PA120017
コレを取ってたら。。。

毛までぬけちゃってさ。。。








PA210004
結局、病院でキレイにしてもらいました。

消毒液と薬貰ってきたんですよ。。。









PA210010
そんなことより、

病院では体重の記録があって、

小さいころは1200gだった体重。

病気した時に、いったん1キロを切った。

回復後は1140gをキープしていたのに。。。

なんと、先日はまた1キロを切っていた@0@!

これ緊急事態らしい。

ことを重く見た先生の指示で新しいペレット探してきた!







PA220003
これを用意するようにと!

バニーセレクションプロ グルテンフリー グロースです。

早い話、赤ちゃんうさぎのための栄養満点ペレット。

もうおじいちゃんだから、消化、吸収が悪いらしく、

ちょっとハイカロリーなペレットで対応しようかと。

このペレット美味しいらしく、れおん大好きです。








PA220004
通販では売ってないので、メーカーに問い合わせました。

そしたら、自転車圏内のホームセンターに在庫がありました。

しばらく、これをいつものシニアとミックスしながら、

5g多めにあげております。


目標は次の診察までに1050g。







________________________________




PA090015
今年 2016年度2回目のどんぐり味噌(ぐり麹)

実は、ものすごく、遠回りをして作りました。

味は同じなんだけどね。


途中でややこしいことになり、

なんと、これ酢も作っちゃお!ってことで。。。

したら、今日、史上三度目の酵母が誕生しました。

今日はそんな報告です。







P9180038
とにかく、なんでか超、ムダなやり方で作ってみた。

どんぐりの澱粉を二極化しました。

ひとつは味噌に

ひとつは酢。

ついでに酵母が出来たので、

パンでも焼いてみるかね。










P9190075
2回目のスターチ沈澱待ち。







P9160007 copy
200gから抽出したスターチ138gから

100gだけ使いました。








P9180004
発酵メーカーの瓶に入れた。








P9180012
ここに水を1リットル。








P9180016
麹は100g。







P9180025
混ぜてみた。

赤 : うーん。覚えやすい配合ではあるが。。。

白 : 澱粉ゆっくり発酵させるからいいんじゃないの?


赤 : 白いのー!澱粉たって、生だよ。

白 : 焼き芋だって、生からやるじゃん!甘くなるじゃん!

赤 : まー、そーだけどぉ〜





P9180027
P9180029
スイッチオン!

発酵は6時間予定。









P9180180
うーん。確かに70℃あたりをキープしているから、

糖化してるはずなんだけど。。。

9%どまり。

あー、でも水をたくさん使ったからか。。。

濃縮したら、糖度が高くなる訳だし、

そんなもんだろうか?








P9180185
沸騰加熱はされている訳ではない。

やっぱ生のまんま。











P9180189
ミキサーでトロトロにするよ。







P9180190
これを炊飯器に入れてみる。









P9180192
6時間ほどしたけれど、糖度は12%。

期待するほどの結果は生まれなかった。

スターチはやっぱり生のまま沈澱。












P9190023 copy
いいや、もうこれ糊化させてしまおう!

ということで、沸騰させる。










P9190027
P9190028
P9190033 copy
固まってきました。






P9190035 copy copy
ブクブク沸騰してきました。

味は甘酒。









P9190037 copy
このまま固めたところで何になるんだか。。。

ノープラン。






P9190039 copy
で、冷やしてみた。

どんぐり麹豆腐になった。







P9220014
ところがこれを3日ほど放ったらかしにしてたら、

水が出て、豆腐が縮んでいた。

その液体は甘かった。

固体だって、別に、また食べてみたい!

と思うほどの味でもない。










P9240002 copy
再び、発酵メーカーを使う。

その液体と固体のうちいくつかを合計240gをぐちゃぐちゃにして、








P9240004 copy
どんぐりの裏ごしがあったので、

これを混ぜてみる。

100g使う。






P9240006 copy
P9240008
麹は100g、塩は70g。








P9240010
お湯は200cc.








P9240012
計算上、塩分は10%。

6時間で糖度はいつも通り。

無事、ぐり麹が出来ました。






PA090009
出来上がりはまたブレンダーに。







PA090011
そんな理由でトロトロになった、

ぐり麹です。







PA110035
タンドリーチキン トリュフたっぷりと。

を作ってみた。






 
PA110001
ぐり麹で味付けをします。







PA110002
PA110004
これで、酒、砂糖、塩を節約。






PA110005
ニンニクのすりおろしとともに、

揉み込む。








PA110008
カレー粉を入れます。







PA110009
ヨーグルトとケチャップとともに、

またよく揉み込む。







PA110011
これを1日寝かせて、

小麦粉を入れて焼くだけ。







PA110026
焼き上がりました。

フワフワの鶏もも肉です。







PA090142
おいらたちのトリュフ使ってみて!








PA110013
PA090030
シャッシャッシャッ!







PA110031
こんなもんか?








PA110029
仕上げにかけるか。







 PA110032
美味しい、タンドリーチキンが見えないね。。。









PA110036
がしかし、やっぱり

トリュフのありがたさが今ひとつわかりません。






PA150067
柄がキレイだとは思う。






_________________________________


P9190040
さて、豆腐以外に残ったこの甘酒味の糊化した澱粉。

もー、アレしかないな。







P9190045
タカジアーゼをぶちこんだった。







P9190047 copy
混ぜると、あっという間に

糊化したものが液化する。







P9190049 copy
トロトロになり。。。







P9190051 copy
サラサラになる。








P9190052 copy
もう、ヘラにもくっつかない。








P9190072 copy
P9190073
笊で濾しました。








P9190059
フライパンもこの通り。







P9190024
で、これをもう一度発酵させるのです。

糖をさらに分解します。







P9190025 copy
P9190028 copy
と言っても、訳のわからない液体に麹を入れるだけ。

これを発酵メーカーで6時間。









P9200006
ブレンダーで粉砕して、器に注ぐ。






P9200007
過去にした時より水分を多めにしてあります。

常温で1ヶ月以上放置するから、

水分が蒸発してしまうからです。








P9200008
これを不織布でおおっておく。

呼吸が出来るようにすることと、

空気中の酢酸菌が入りやすくしておくのです。




動画:どんぐりスターチ発酵中〜

シュワー♪

これが三日三晩続きました。

部屋中に響きます。






P9220009
これも発酵。


P9240015 copy copy
段々と勢いが弱くなっていく。







P9240016 copy
P9250003
大きい泡になってる。







P9250078
ドロっとした感じ。

でもまだ空気の泡は出続けている。








P9250077
混ぜたあとはこんな風。






P9250004
水分が減った感じ。

併せて、22%あった糖度も段々と減ってきた。

16%になり、9%、最後は7%。










P9270059
まだ、味としては酸味はそれほど感じない。






P9280129
もうすっかり発酵は終って、

麹は沈澱して上澄みは黄色。







PA070028
うーん。

どうしようか。

このあとどうなるんだろうか?

酸っぱくなるのかなー?








PA070027 copy
水分もずいぶんと減ったなー。

あとしばらく様子みるか?

と思って放置していた。







PA220093
そしたら、今日、こんな姿に!

なんやなんや!






PA220095
コロニーだ!

どんぐり酵母発生!

ごっつ甘い香り〜♡!







PA220098
拡大してみた!

なんて美しい模様〜


やった!

もう少しこの姿を眺めていたい。








PA220013
ママー、よかったやん!






PA220020
ぼく、ヒヤヒヤしてた。









PA220021
まさか、微生物がどんぐりで作れるなんてね!

なんかさ、

研究って失敗した方がいいもの出来ちゃうね!

おしまい。




どんぐり酵母誕生はどんぐりの研究の最高峰なんです!ぽちっとな♪