P9050005
ママが、先週の日曜日、

つくばのきのこ展に行ってきたよ!

場所は国立科学博物館 筑波実験植物園だよ〜


ちょっと今回は記事が長いです。

それだけ内容が濃かったということです!

許してね^^

ご興味ある方はどうぞ、最後までお付き合いください。










PA020006
よいしょっと!ジャーンプ!








PA020007
フィニッシュ!

ギュっ!

なんでもぺちゃんこくらぶの仕事です。








PA020010
うまい棒は、こうやって、細くして食べるんだよ。

これをお箸でつまんで食べるのがぼくのママ流。







PA020003
なっとうの辛子味、

なっとうの梅味、

コレ、茨城県名物のお土産だ。

つくばへ行くと、帰りにお土産にいつも買います。

今回は観光案内のお土産売り場で見つけました〜








PA020036
つくばエクスプレスの終点つくばで降りたら、

まず、レンタサイクルを借りにココ、

バスチケットうりばへ入りました。

自転車を1日500円で貸してもらえるよ!


必要なモノは免許とか、身分証明になるものです。







PA020037
鍵をもらって、ここへ向かう。





PA020038
つくばは広いし、本数の少ない、

バスの時間を気にするより、

自転車のほうが動きやすいよ!


あと道が結構広いので、すいすい走れます〜

地図で見たらわかるけど、道路も碁盤の目なので、

目的地までの道のりが分りやすいよ〜






170 copy
これは、2008年 ロケット広場前で撮影したもの。
PA020056
これは2016年度 同じく、ロケット広場。

定点観察ね。

8年も経てば、松の木も伸びるよね^^

NIPPONの文字がもう見えないね。










PA020055
PA020053
PA020040
 ロケットは、どこから撮影してもなんかいい。

こちら、つくばエキスポセンターのある

駅前公園。

ここからスタートします〜










 PA020058
ご存知、つくばには、宇宙センターだってあります。

他にもいろいろ研究所がありますよ〜

石投げたら、当たるぐらい博士が多い街、

科学の街それがつくばです。

なので?






PA020315
 ご当地マンホールだって、この通り〜!

筑波山とスペースシャトルだね。








PA020045
RIMG0296
RIMG0295
ゴディバのチョコレートみたいな

テングタケもあったよ!








PA020044
ロケットと一緒に撮影。







PA020047
あ、こんなところで、卵発見!

分るかなー?

切り株の手前です〜







PA020049
これよこれ!

卵だよね。







PA030021
チーン。

持って帰って、

育ててみたら。。。






PA030018
ツルタケでした〜






PA030020
ツルタケは、毒きのこ!

卵から出てくるから、

この部分をツボって言います。








154
外だとこんな風に発生します。

ツボあり。という表現をします。








148
ツルタケもわりとどこでも今出ていますね。









RIMG0091
ホント、ぼくのママは卵好き!

いつもはコレぐらい採ってくるよ!

今回、卵ばっかり探してたら、日が暮れるので

やめました。






RIMG0055 copy copy copy copy
食べれやしないのにね。。。

でもやっぱり卵好き。

だって、何が出てくるかお楽しみだもんね。







RIMG0027
オマイらったら。。。

まーた!








RIMG0030
れおんくんだって、楽しみでしょ。

卵はね。







007
ま。。。まーな。。。








RIMG0020 copy
オチバタケのシーズンだね〜

今回、園内きのこ案内の先生も

このきのこの画のTシャツ着てたよ!










PA020066
自転車でりんりんしてた時に

オチバタケがいっぱい出てて、その中に

こんな黒いの見つけちゃった!

しかも、いっぱい発生してたよ!

途中下車してみたよ。









PA020068
うーん。ホコリタケの仲間だね。








PA020070
クロホコリタケかな?







PA020073
穴開いてるね^^

そこから胞子飛ばすんだね。







PA020080
大きさはこんなもん。






251
これがよくみるノウタケ。

ブリオッシュみたいなきのこ。








RIMG0044 copy copy copy copy
このたぐいは、ホントにパンみたいなんだけど、

最後は全部埃になって、







072 (2)
バシバシ叩くと、胞子が大量に飛んで行くよ〜









PA020075
これも中身割って行きたかったけれど、

先を急ぐので今回はスルー。


これはホコリタケで、きのこです。

(でもマメホコリだと、これ、粘菌なんだなー。。。)

この謎はこのあと解ける。











PA020087
んで、ここつくばでもポルチーニ発見!


動画:本日のポルチーニ



PA020089
で、これはどうなったかと言うと。。。






PA030022
フライパンで焼きまして。。。
PA030025
翌日、無事、きのこカレーになりました〜











PA020062
久しぶりにここ通過してみた!







PA020063
ここもきのこ色々出てました〜










024 copy copy
そーこれも8年前ここで撮ったやつ。

まさか、ふたたびここへ来るとはその時は

考えてもいなかったし、

当時、きのこはよく見つけてたけれど、

名前も種類も知らないホントの素人だった。

この8年間で恐ろしい量の知識が増えた。








PA020298
で、いよいよゴールに近づいてきました。

筑波大学のアウトラインに無数に出ていた、

ホウキタケ系。








PA020303
グルッと輪になり、

例のフェアリーリング状態。

フェアリーリングとは菌輪といって、

ぐるっと円を描くようにきのこが発生すること。









PA020309
PA020310
わかるかなー、奥までずーっと円になってる。


これが食べられるきのこなら、採り放題〜

てなぐらいありました。








PA020081
で、栗も落ちてた。

ここを道なりにまっすぐ行くと?









PA020084
ここに出たよ〜!

正面玄関だ。








PA020085
国立科学博物館ってのは

東京上野だとばっかり思っていたけれど、

ここつくばにもあるんですよ〜


こちらの施設は研究者の方のお仕事場のようです。

そして、標本を管理する建物などがあるようです。

ここをずーっと道なりに行くと、目的地。









PA020092
こちらが植物園の入り口となります〜








PA020093
きのこ展の入り口でーす。

ここでまずは、入場券を購入します〜











PA020118
きのこ展だけど、

大好きなカボチャがたくさんあったので、

そっちを先に行ってしまう。。。










PA020119
PA020117
PA020125
PA020123
瓢箪もありました〜








PA020110
で、意外にこれが目を惹く。








PA020111
わー、これ一度、見たかったんだー!







029
そー、これは胡麻。

中の黒いのが、黒ゴマです。







033
ピンクの花なら、黒ゴマ。

白い花なら、白ゴマ。







034
すごく可愛いお花です。








057
夏の一番暑いさかりにこの状態です。








027 copy
そして、実がついて。。。








PA020115
最後はパチンと弾けるのかな?

ゴマのこの状態、一度見てみたかった!


ちょっと願いが叶ったね!








PA020182
さー、ここからはきのこ一色だよ〜

そうそう、きのこだけじゃなかったや!


変形菌というきのこでもなく、カビでもなく、

かといって、植物でもなく、動物でもない、

そんな不思議な生き物についてもちょっと報告。






PA020094
マントカラカサです。

今回の目玉きのこ。


入り口に近いエリアで早速大きいのがお出迎え〜










PA020103
大きいよね〜








PA020106
あそこに、マントみたいなのがあるでしょ?

しかも、ホントに雨よけに使えそうなサイズでしょ〜?

だから、マントカラカサ!

あの部分がツバ(鍔)っていいます。

ツバあり、のきのこ。






PA020108
見応えがあるね〜








PA020100
名前はおっぱいきのこだとばかり。。。

思ってたけどね。







PA020104
おーい!

ノウタケ発見!










PA020148
赤いきのこ発見!










PA020126
11時からは、園内変形菌ツアーが開催されました。

ちょっと参加してくるね!

黄色のシャツの先生はきのこで有名な先生です!








P5130018
この先生は、左側の『きのこの不思議』の著者でもあります。

これらは、れおんくんのママのオススメの図鑑です!

どちらも分りやすいし、面白い!


これらの本はおそらく、

どこの図書館でも見ることが出来ると思います。

児童のコーナーで尋ねてみてください!


最後のほうに、いろんなエピソードが書かれています。

個人的にはその内容がお気に入りです。







PA020127
さー、案内されてみんなで移動します。

どうやら、思った以上のお客さんが集まった模様!


学校なら3クラスぐらいの人数だったと思います。







PA020128
うわー!

オイラたち、出遅れてるや!

なーんも聞こえん!








PA020130
順番は最後になったけれど、

どの先生方からも丁寧に教えていただきました!


そうそう、この11時スタートのツアーはきのこツアーではなく、

変形菌という、きのこのようできのこでない、

アメーバーのような動く生き物について観察して、

解説していただくツアーです。

それなんなの?ってことで。。。







PA020133
変形菌とは、最初はアメーバーみたいで、

自分で動いて、餌(バクテリアなんか)をどんどん取り込んで

最後はカタチ(子実体)になって、胞子を散蒔くという生き物です。

動くし、食べるし。。。じゃ、動物なの?とか言われても、

そういう訳でもないようだ。












P6110088
これは、6月にみつけた、ピンクともオレンジともとれる

小さい塊。これが文字通り粘菌だとは知っていた。

割ったら、ネバネバしてたからね。








P6110108
これは今まで、きのこだと思ってた。

どうやら、これはきのこではないらしい!

新しい発見だね。


今までは粘菌もきのこだと思ってたから。

このマメホコリに関しては、

最終的にはホコリタケの感じになるからね。

ヘ〜ンな生態だなーとは思ってた。







P6110086
観察会の時の説明で、質問をしてみた。

『マメホコリはホントに粘菌なんですか?

以前ピンク色のを見つけました。

でも潰すと、梅干しの果肉っぽい感じやジャムみたいでした。

そこまでは、粘菌というのはわかるのですが、

茶色のホコリタケのような塊もマメホコリって名前ですよ?

茶色のは、割ったら、ホコリで胞子だと思うのですが、

どうしてそれが粘菌なんですか?』

と専門家の先生にしてみたら、

『イー質問ですね〜』とおっしゃる。


? ? ?





P6110090
たしかに、梅干しってか、梅ジャムみたいだ。

先生のお話ではこれは未熟な状態だということ、

最後に子実体になって胞子を飛ばすのだと教えていただいた。


まだこの時点では実はよくわかってなかったけれど、

どうやら、胞子=きのこ ではないということ。

カビもきのこも菌だけれど、

変形菌はそれとも別の生態であること。

それは午後のシンポジウムの説明でなんとかわかってきた。








P6110087
これが翌週行ってみたら、探したけど、もうなかった。







P5170142
同じ場所で、こんなのを見つけたけれど、

ピンクのは見つけられなかった。

当然だ!ピンクのが全部これに変わってたんだから。。。


この時はこれがピンクのマメホコリの進化系だとは

あとで知りました。









P5170148
あれ?ホコリみたいだね。

うん。じゃー、これがマメホコリだな!

ホコリきのこのファイルに片づけるか。。。

と納得して帰ったのが最近のエピソード。


この時はピンクの塊とはまだ結びついてなかった。

当然、これこそが粘菌、しいては変形菌だということも。








P6110106
その証拠に、

アホだから、持って帰ったけれど。。。

しばらくしたらピンクが消えて

なくなってがっかりしてたけど。。。

茶色に進化したから気がつかなかったんだね^^

初心者にありがちなことだ。


では観察会の続きです。








PA020139
拡大するととってもキレイ。

扇風機のスポークみたいでしょ^^って説明があったけれど、

その通り!








PA020146
粘菌は、アメーバーのころは、

日光がとっても苦手。

日が当たると、どんどん逃げてくよ。

乾燥も嫌いなんだって。

足はないんだけど、移動は出来るよ。

それでいてとっても食いしん坊。

それが変形菌(粘菌)の特徴らしい。










PA020166
これも変形菌です。







PA020169
暖簾のような。。。





PA020179
あとは綿菓子状のものまで〜

変形菌の観察会はここで終了しました〜







PA020251
さ、第二会場へ向かうよ〜!

すっごい香りというか、匂いというか…

漂ってきたよ〜






PA020184
ふぇー!
PA020186
ふぇ〜!
PA020189
もう、どこからみていいのかわかりません!

なにをチェクすればいいのかもわかりません!

それだけ品数豊富なんです!








PA020194
なので、分りやすいのから見ることにした。

あー、さすがにアミガサタケはわかるね!








P4250071
P5010030
きっと、コレは、オイラたちの巨大アミガサタケクラスだね!








PA020196
ツチグリも大丈夫だ!

知ってるやつは嬉しい!







RIMG0012
え?
RIMG0016
血止めに使えるって書いてあったの?







P2220002 copy
ぼくたちはツチグリの胞子は、

胞子画のインクに使うんだけどね!









PA020198
で、三つ子のアミガサ!







009

P4230130
P4250126
005
ぼくたちの、アミガサタケの三つ子ラインナップ!

わりとあるね!











PA020215
あー、ひまらやんだ〜!
PA020218
ぼくたちはこの菌床をどんぐりでやる研究をやってるよ!









RIMG0051 copy
ぼく、どんぐりきのこのゆるキャラ ひまらやん!







RIMG0037
RIMG0038
エリンギじゃん!

って思うかも。

エリンギの親戚です。








RIMG0034
おうちにあるモノで手軽に栽培をします。

たとえば、こんなプリンのカップとかね。







RIMG0033 copy copy
どんぐりがもう真っ白!

どこを切っても、きのこの菌だよ。









RIMG0029
ある日、この菌床からひょこっと出るのがきのこ。









RIMG0071
ちょっと脱線してみよう。

覚えている方もいるかも、



初代、かぶお、かぶこです。


なにやら、れおんにお願いしてるみたいだよ。

ふんふん。

ナニナニ?

せがれを頼むとな?








RIMG0076
かぶお〜 どこだ〜

そー、ぼくはかぶおとかぶこの息子を

託されたんだ!







RIMG0005 (2)
れおんくん!

ぼくはここにいるよ!







RIMG0003 (2)
待っててね!

今、う●こしてるからね!







RIMG0012 (2)
よもや、これがアレになるとはね^皿^







RIMG0042 copy
ふー。

さーてと。

ママー、これ、捨てる?どうする?

ぼくさー、これ使ってみるといいと思う!

きのこにね。








RIMG0003 (3)
カブトムシの糞 de きのこ栽培!


これは、中でも面白い研究結果が出たんだよ。


まー、思いつきでやってみたんだけどね。


大先輩のクワガタ先輩にこのことを打ち明けたら、

笑われた。

そんなきのこ喰いたくもないですけどね!って。。。








RIMG0001 copy copy copy
たまたま、マテバシイの菌床がカビてきた。

うーん。捨てるのもな。。。


ちょうど、目の前にカブトムシのフンがたくさんあった。







RIMG0006 copy copy copy
そのカビてきちゃった、マテバシイで作った菌床を

あえて、バラバラにして土の上に置いてみました。










RIMG0008
で、カブトムシのフンを

菌床のカケラにのせただけ。








RIMG0181
しばらくしましたら?

え〜@0@!

白くなって、きのこでてるヤーン!


驚きやね。







RIMG0045 copy
まー、カブトムシのフンをきのこが分解したという結果。

自然界では当たり前かも知れないけれど、

これに気づく人はそんな多くはないと思う。










P6220052
ママは今、ぼくのフンでもやってるよ^^

アミガサタケをね。。。









RIMG0076 copy
オマイら!

ご協力ありがとうね!


いえいえ、セガレがお役に立ててなによりでございます〜








034 copy copy
さて、これも同じ幼虫なんだけど、

また別の件。

某、大学内で拾いました。







018
カブトムシなのかなー。。。

クワガタなのかなー。。。

カナブンなのかなー。。。


名前をかぶちゃんにしました。

これが結構食いしん坊。





050 copy
そうそう、これ、背中で進むんだよね。







032 copy
よいしょ。よいしょ。




024
当時、なんでこんなことをしたのか…

いつも思いつきです。


ひまらやんの菌床に入れてみたのだ。









032
かぶちゃんたち(2匹いる)きのこの菌床を

食べるわ、食べる。






034 copy
すごい勢いです。






035 copy
もうめちゃめちゃ。

壊滅的な状態になりました。








037
え〜 かぶちゃーん!

ここで冬越すの?








036 copy copy
これが冬虫夏草の作り方だったりするのかなー?

とか今なら色々考えられる。

当時は冬虫夏草なんて知らないし、

最近知ったことだ。


虫からきのこが出るなんて!


ただし、今のところ、カブトムシやクワガタ、カナブンからは

見つかっていないそうだ。

出来たらこれ学会で発表出来るレベル?


が、例によって、これまた頓挫。











PA020209
第二会場内に展示されていた、冬虫夏草。

これはまだ見つけたことがない。

きっとそのうちどこかで見つかるかな?


以前、知らないでめちゃしてたよ。。。

というのがさっきの話。


話をまた元に戻すね。








PA020220
ヤナギマツタケも栽培のコーナーにありました。

これもどんぐりで出来るってことだね!

今度やってみよう!








P8080015
ぼくたちはヤナギマツタケ大好きだもん。






P8310013
胞子で一儲けを考えてます。

仔うさぎの野望です。

皮算用ね。





P6220004
ヤナギマツタケは、こんなにもたっぷりの胞子を回収出来ます。

これで、将来、きのこインクで一儲けしたいと、

れおんが申しております(噓)









P6230023
だって、こんな鮮やかな、画がかけるんです!









PA020225
茶色のエノキタケも栽培コーナーにあったよ。






RIMG0095
RIMG0018
RIMG0006 copy copy copy
これもどんぐりで何度も成功しているよ。

トウモロコシの芯でも同様です。









PA020230
シイタケもいっぱいありました〜
006
ぼくんちはシイタケは市販の菌床なんだよなー。







P1150050
ほい。リアルきのこの山〜








PA020192
ここに展示されているきのこには

このような、わかりやすタグがついていました。











PA020208
早速目についた、黒マーク。

シロウロコツルタケ

まー、毒だろうとは思ってたけどね。






RIMG0138
この時は、ホントにキレイなきのこだったよ。







RIMG0130
ひっそりとした雑木林で見つけた。







RIMG0133 copy
また見たいなーとは思ってたけど、

ここで出会えるとは〜








RIMG0003 copy copy copy copy
そーだ、

この、チチアワタケを食べたことのある人に聞いてみたい。







PA020191
PA020241
緑のマークです。

食べられるけど、中毒を起こす場合もと書いてある。

どうもぼくのママはコレ、ダメっぽい。








RIMG0073
このシーズンわりとあります。







RIMG0083
誰が一体!

あんぱんこんなに捨てて!

的なきのこです。







RIMG0065
チチアワタケ。

乳白色の汁が傘の裏側についてるんですよ。。。








RIMG0068
わかるかなー?




RIMG0013 copy copy
練乳みたいのが出てるね。

このチチアワタケ、

昔きのこを始めたころ(2008年当初)は

食べられるきのことされていたけれど、

今は毒とされているね。







RIMG0054
昔、これを書いたには訳があった。

吐く、下す。。。



下すんですよ。毎回ね。









RIMG0009
あー、ちなみにきのこ中毒で病院へ行ったら、

1回5000円ぐらいはかかります。








003
血液検査、
005
014 copy
ネオファーゲンとかいう、点滴、
027 copy copy copy copy copy
薬も4種類。
029 copy
イオン水を飲みなさいという指導。

タダで採ってきたきのこでかえって高くつくのは

面白くないよね。








PA020239
さー、お次は、オニフスベ〜







RIMG0291 copy
デッカいよ〜

オニフスベ!








002
某駅前バスロータリー脇にもあったね。

オニフスベ。。。







008 copy
抜くとこんな風。










RIMG0369
ひっついている双子のオニフスベ〜






RIMG0372
オニフスベ、食べたことあるよ。







RIMG0007
あー、なんだろうか。。。

また食べてみたい。

という気持ちにはなれなかったな。










PA020237
あとセミがいた。

プレートがなかったので、

よく分らなかったけど、

この白いプツプツしてるのがきのこなのかな?


こんなのは今まで何回も見てきたけど、

あれがそうだったのかなー?







PA020259
で、外では

その日収穫してきたきのこが仕分けされていました〜






PA020262
PA020264
タマゴタケ!きれいだね!







104 copy
これは奥多摩に登った時に見つけたタマゴタケ!

ホント第二会場はきりなくありました。








PA020253
さーて、いよいよ第三会場へ〜

1階では、変形菌について展示されていました。

2階では、きのこを使った押し花があったよ!









PA020255
お昼ご飯です。



ハッシュドビーフじゃなく、

8種doきのこ

きのこが8種類入ってるってことね。

お肉は茨城県産のローズポーク使用と書いてあったよ。










PA020268
さて、午後一のきのこ観察会ツアーがスタートです!

お客さんは、午前中の変形菌のツアーより多かった〜


まずは足元の芝生にあるよ!って

教えてもらったよ。









PA020272
で、このゾーンで卵発見!(てか指南してくれたよ)





PA020270
これは何の卵かな?








PA020187
カニノツメでした〜

これは第二会場のカニノツメ〜










PA020279
きのこの観察ツアーで、

twitterのお友だちと現地集合してみたけれど、

無事合流出来ました。








PA020276
ゆるキャラ同士で記念撮影をしましたよ!


でいよいよラストステージ!

変形菌シンポジウムに参加です。






PA020285
4名の先生方のお話を伺いました。

変形菌の生態ときのこの違い、

いろいろな変形菌の紹介、

変形菌な人、

南方熊楠という人について、

という内容でした。


一番こころに響いたお話は、

変形菌な人々の中で、きのこの活動をしている人は

一般の人に『何をやってるか話さない方がいい』という話。

その通りだと思った。







PA020286
午前中の変形菌ツアーの先生のお話を聞いて、

この説明をしていただいて、

それでもまだぼんやりとしか理解出来なかった。

ひとつ覚えたことは

変形菌は≠きのこ

粘菌≠きのこ

変形菌∋粘菌≠きのこ

しかし、どれも子実体になって、胞子で増える。

そこが紛らわしいんだよね〜




PA020242
そうだ、第二会場に変形菌が展示されてました〜





PA020246
PA020243
PA020249
これ、動いてるんですよ。

この次の画像は、粘菌が偶然、お家で出来ちゃったやつね。






CIMG1366
どんぐりでアミガサタケの栽培の研究をしてた時、

なーんか、思うように進まなくって、

気がついたら、こんなことになっていた。






CIMG1376
これ、目的がアミガサタケ栽培とすると、大失敗。

だから、この時、写真だけ撮影してすぐに捨てちゃった。

準備した時の画像も削除してしまった。

自分の悪いクセだけど、

記録のない時に限って、すごい結果が残る場合が多いのですが、

まさに、これ、今ならお宝画像だ。









CIMG1372
CIMG1375
上と下の画像はわずか18秒違いに撮影したんだけど、

信じられる?

18秒でこんな変化するの?


今回改めて検証してみた。







CIMG1370
CIMG1374
んで、これは20分違いで撮影。

すごい早さで動いてるね。


今、粘菌のことを初めて知って、

改めて思うこと。


もしかして、アミガサタケの胞子は、

この粘菌に負けたんじゃないか。。。


自然界って知らないところで戦ってるなー。

きのこの敵はカビだけじゃなかったんだなーと。






P6200006
P6200071
インクキノコはぼくの得意なんだけど、







PA020281
今回のすばらしいきのこ展の担当をされた先生を

現場で、サラサラっと描いてみたよ^^

描いてる途中に変形菌のツアーの時の先生に

褒めていただいたよ^^








108
105
8年前に撮影した、植物園内のパンパスグラス。

ニ色あって、このコントラストがとても美しかった。











PA020266
8年経った、今回も健在でした。

あっという間に閉館時間となってしまいました。







095
098 copy
099
今回、これも探したかったけれど。。。

タイムオーバー。









PA020312
もう帰りは暗くなってました。

ホントはおさらいのため、最終日行く予定でした。

ところが、ところが。。。

仕事になってしまいました。 さっき決まりました。。。








P9150126
また来年だね^^

ママ!


おしまい。




粘菌がきのこじゃないって知らなかったや。ぽちっとな♪