RIMG0046
2014年の4月にね、

江戸川の土手に行ったのさ。

ママとね。







RIMG0045
ぼくはテキトーに遊んでた。









RIMG0048
したらね、むこーの角から

テレビ局の取材の人たちがこっちに向かってきたよ!








RIMG0052
で、ぼく、声をかけられたんだ!

ピンクの服の人にね。







P2070006
れおんくん?

あの時のピンクの人はね、

『舞の海さん』って言うんだよ。


有名な人なんだよ^^






P2070008
れおんくん、あのあと、

記念にプレゼント貰ったよね。

ママから。








CIMG0676
CIMG0677
わー!何々?

これ〜

走るのぉ〜?


やった!ぼくの欲しかった東西線だ!




________________________________




P9190132
え?モンブランケーキ?


みたいな?








P9190124
あのトッピングは栗じゃないよ?

何なの?




黒いうさぎのれおんくん 16
今年もやってみました!

ぐりブラン!

どんぐりのモンブランケーキね。






P9180141
どんぐりのスポンジケーキです。






P9180145
そー、スポンジにも今年はチカラを入れてみました!

生地の色がピンクっぽいのは、

どんぐりカラーです。








P9180030
早朝からやったことは

まずどんぐりを割ること。






P9180032
これを粉にします。









P9180073
粉のうち、20g使います。







P9180048
砂糖30g、卵1個。







P9180049
よく割りほぐす。






P9180055
泡立てていきます。

湯煎すると手早く出来ます。






P9180062
これぐらでいっか。







P9180065
倍以上に膨れています。






P9180072
これ使って、粉篩います。







P9180078
薄力粉20g、どんぐりパウダー20g、ベーキングパウダー少々。






P9180079
泡を潰さないように

ざっくりと混ぜる。






P9180070
どんぐりを茹でている鍋でバター10gを湯煎。







P9180081
仕上げにバターを混ぜて生地完成。






P9180084
オーブンは余熱しておきまして、

180℃で焼きました。






P9180090
泡がプチプチするみたいな音が聞こえてくるよ〜







P9180132
シリコンの型はひっつかないのがいいね^^







P9180137
このままでもマドレーヌとしてオッケイ。







P9180151
ラップをして一日寝かせます。








P9180042
そして、ぐりームです。

水から茹でます。

20分ぐらい茹でます。







P9180054
ちょっとたっぷり目のお湯で茹でます。






P9180087
火を止めまして、

しばらく放置します。









P9180119
まだある程度熱いうちに、

潰します。

茹で汁を入れないと、回りません。







P9180121
どんぐりだけでは堅いので

潰れないのです。







P9180123
フードプロセッサーではこれが限界です。








P9180125
これをレンジで温めつつ、

裏ごしします。






P9180126
この作業が一番しんどいと言っても過言ではない。









P9180130
これだけやるのに、時間も必要。

手にマメも出来るよ。







P9190033
砂糖を入れて甘味を加えます。

これをお鍋ですると水を加えてクリーム状になるけれど、

それをホイップとするとゆるゆる過ぎる。

なのでレンジでやることにする。






P9190035 copy
あ、どんぐりリキュールも使おう。

リコール デ ベジョータ。






P9190036
こんなもんで。







P9190037
レンジで加熱します。








P9190053
そして、再び、裏ごしです。

もー、裏ごしばっかり。。。

裏ごしとか、裏ごしとか、裏ごしとか。。。


別件でどんぐり味噌やってるけど、

そっちも裏ごし仕上げにするんですよ。








P9190054
P9190057
でもやっぱ極上のぐりブラン食べたいじゃん?

仕方ないよね。






P9190078
氷水用意!

ときたら?






P9190080
はーい、生クリームをホイップ。








P9190082
この作業は小学校の頃は大嫌いだった。

大人になってから、

一時、ハンドミキサーがあったけど、

カステラ作る時に壊れて。。。それ以来買ってない。

卵系のホイップは湯煎するとすぐに出来るからね。








P9190085
どんぐりの裏ごしとかに比べた

ホイップなんて。。。







P9190087
そして、ようやく、融合。







P9190088
カップにスポンジケーキを入れます。

自宅用だし、シロップはなし。

あった方が美味しいけど、

いいの。いいの。

砂糖はこれ以上使いたくない。






P9190090
ホイップ入れた。







P9190091
で、スポンジもう一段。








P9190092
んでまたホイップ。








P9190095
でいよいよ、ぐりームです。








P9190099
うにょうにょうにょ〜








P9180222
これ、また今度やりますけど、

ぐり粉餅です。

この時のぐり鹿の子を少し残しておきまして、

それでどんぐりカタチにしてトッピングにしました。









P9190101
ぐりブラン 2016!

今年も大成功〜






P9190128
ぼくたちが拾ってきたどんぐりで作ったんだよ!








P9190118
うーん。

トッピングのどんぐりが落ちそうだ!








P9190119
よし!

これでこそ、最高峰だ!

どんぐりスイーツの。








P9190122
『ぶらり途中下車の旅』の東京メトロ東西線の時に

このどんぐりのケーキをご紹介いただきました。

そんな思い出の詰まったどんぐりスイーツな訳です。

もちろん?舞の海さんも大絶賛?


ここの一番下にぼくがいるよ!


こちらでご紹介していたいております。

詳しくはコチラもご覧下さい。








detail_21943
この時のクリームの色が濃いのは、

砂糖は一切使わずに、

どんぐりの水飴(蜜)を

クリームに混ぜて使ったからなんですよ。

実はどんぐりそこまで出来ちゃうんです。






PB220033
どんぐり蜜(どんぐりの水飴)
RIMG0073_20130323220742s
甘味は懐かしい芋飴のような甘さ。









P9110009 copy
どんぐりすごいでしょ?








CIMG0664
CIMG0663
あー。。。

自転車に衝突だぁ〜

車輌事故だぁ〜




CIMG0679
そのあと、ぼくは何回も東西線を走らせてみたよ。

おしまい。




東西線とどんぐりスイーツぐりブラン。意外な関係にぽちっとな♪