P5050002
72時間放ったらかしでいいんだって。

3日間寝て待ってて!ってことでいいんだね。








P5050003
あ、これ5月ぐらいの話だよ。









P5010029
青い梅の季節です。









P5010030
そー、それは同時に

アミガサタケのファイナルの合図です。












P9110015
自家製梅シロップです。

お酒には興味ないので、

シロップにしてみます。

これに新しいメカで

トライしてみました。









P5030002
小梅。

青いやつ。









P5030003
こんな器に入れてね、







P5030004
同じ重量の砂糖を入れてね。







P5030006
この機械本体に入れてね、








P5030008 copy
蓋してね、








P5030007
あ、こんな機械とは、

正式名は、

ヨーグルト&チーズメーカー

Kuvings

という商品です。

発酵食品を自宅で作るのに便利な機械な訳です。







P5030009
外蓋をよいしょっと。







P5030010
で、スイッチオン!

デビュー作は、取り扱い説明書24ページの

『梅エキス』でした。

あまりにも美味しいので、

毎日水に薄めて飲んでいたので、

すぐになくなってしまいました。






P5060029
梅もカリカリしていたのでおやつに食べてしまいました!

これは出来上がり図。

梅はシワシワになるよ。










P5030106
翌週、梅をもっとたくさん用意してみました。












P5070026
まずは洗います。






P5070038
青いので堅いです。

夏みかん用のナイフでやる。






P5070029
P5070040
P5070035
オッケイ!






P5030011
スイッチは

2番の『酢、酵素エキス』







P5030012
で時間は72時間。

コレスイッチオン!











P6200022
今度はたっぷり作りましたよ!

水でもいいし、ソーダ水でも美味しい!









P6200003 copy
ジャーン!

第三弾です!







P6200006
今度はスーパーで半額でお買い得になっていた、

売れ残ってたやつ。

やや半熟の梅。赤くなりかけている。







P6200007 copy
P6200011
柔らかいので爪楊枝でもオッケイ。







P6200013
一応、規程には800グラムとあったが、

正味1キロある。

溢れそうだ。








P6200015
砂糖はいいやつにしてみた。









P6200019
P6200017 copy copy
600gでギブアップ。

ホントは1キロだから同量の1キロ入れないといけないんだけどね。

梅は減らしたくない。

仕方がない、あとで砂糖足せばいいか。







P6200024
三温糖を詰められるだけ詰めて、

時間が経って、液状になってきたころに

改めて、追加で足す作戦にした。








P6200027
72時間で出来る予定だけれど。。。










P6200028
分量がテキトー過ぎたので

何回も開けて、混ぜて、砂糖足して。。。

なんだかんだで、3日のところ、

もっとかかってしまう。

出来上がり分量は寸法ギリギリでした。







P9110016
こんなにも出来たよ〜!







P9110018
第二弾が終ったら、ゆっくり使おう!





__________________________________




P4040012
これは市販のヨーグルト。






P4040014
ペーパーに包んで、








P4040019
おもしを置いて、








P4040059
水を切ってます。

この黄色の水は清乳と言って栄養分のかたまりですから、

捨ててはいかんよ。

飲んでね。









P4040061
P4100001
おもしを外します。








P4040063
ヨーグルトの水切は

もったりとしたクリームチーズのようです。








P4100002
P4100003
このメーカーでヨーグルトもチーズも出来るんだよ。

今度からはコレも出来ちゃうってことかな。







P4040057
イチゴジャムを作って、






P4040066
ストロベリーチーズケーキ風。







P2110009
P2110017
ミカンのジャムを作って、








P2130077
オレンジチーズケーキ風。






P7040152

P7040162
P7040166
桃のコンポートを作って、






P7050009
ピーチチーズケーキ風。

色々出来ちゃいそうだね。



__________________________________



PB210081 copy
がしかし、これ、本来の目的は、

どんぐりの研究のために買った訳で。。。

これからはぐり麹もコレでやっていこうと思う。








P9110138
炊飯器で丸1日でやってたけどね。








P9110137
温度は60℃を超えないように。







P9110153
途中で裏ごししてた。








P9110163
10時間後ぐらいのどんぐり味噌!

どんぐりの発酵食品。






P9110172
万能調味料を今度はこのメーカーでやってみようと思ってる。








P2210069
あとはコレだ。

どんぐりのお酢。

どんぐりde酢。


これ、今までは何ヶ月もかかってたけど、

コレを使うとどうだろう?









P2210073
チーズが出来るぐらいだし、

もしかしたら、もっと短縮出来るかもね。


これはどんぐりの発酵したものを濾してます。






P2210074
絞ったものが、

どんぐりのお酢。





P2230002
甘ーい、甘い、

どんぐりビネガー。







P2230004
糖度15って、果物レベルだよ!







P2230005
濾したどんぐりもムダにしないよ!






P2230016
搾りかすはケーキに使う。

発酵しているからチーズケーキみたいな感じ。

しかも甘いのでお砂糖は少なくていい。

絞った液体がどんぐりde酢。







P2230017
このメーカーで何日で出来るかは、

未知数。

これからの研究課題です。





P2240024
美味しい、どんぐりチーズシフォンケーキ。

あ、チーズは入れてないです。

味がチーズケーキってことね。









PC310058
これはどんぐりベイクドチーズケーキ。

チーズは入ってないよ。







PC310117
PC310112
レシピはクリームチーズの代わりに、

どんぐりを発酵させたものを濾した搾りかすを使っただけ。

生クリームと卵と薄力粉。










P1020007
詳しい作り方はコチラクリック〜





PC310010 copy
クッキングシートはこんなカンジで準備。


PC310012
底にも敷く。


PC310021
マリービスケットを砕き、バターと混ぜる。


PC310026
底に入れたら、



PC310028
キッチリと抑えておく。



PC310029
砂糖は60gに卵2個。


PC310033
クリームチーズの代わりに搾りかす130g







PC310035
生クリームは1箱。





PC310040
薄力粉大さじ3



PC310042
あとは流してオーブンは170℃。





PC310054
1時間ほど焼きました。





P1020030
ぼくたちも食べたよ!

フルーティーだからレモン汁だって不要!








P5050001
ぼく、段々楽出来てる気がしてる。

一通りやったから、あとは効率化、量産化を

考える時期に来たかもね。

おしまい。


そう言えば、れおんももうすぐ11歳だ!ぽちっとな