RIMG0029 (2)
れ : 今日は思い出話なんだけど、

    ちょっと聞いてくれる?


黒猫 : あら、いいわよ!

黒犬 : なんだろー?










RIMG0115
これが打ち立ての本格派の蕎麦でございますよ〜










RIMG0040


そして、その手打ち蕎麦の茹で汁

そば湯でスイーツ作ってみました的な。。。








RIMG0092
 ある日、もう、見ただけで『コレは!』と思う

美しい手打ち蕎麦がウサギ便で送られてきました。


これ、最近のお話ではなく、

数年前の出来事です^^



蕎麦の話をするにはこのくだり必要!









RIMG0026
 慌てて、ハゼを釣りに行った。







RIMG0017 copy
エビも釣れた!




RIMG0010
ハゼ優勢か?







RIMG0006
エビも負けてない!







RIMG0032 copy copy
エビ♀も釣れる。

とにかく、数よ。






RIMG0057 copy
お家へ帰ったら、即、蕎麦の用意するから、

現場で泥楊枝ワザを。。。






RIMG0046 copy copy
なんだかんだで結構釣れましたね。












RIMG0067
RIMG0071
直ちにハゼはピカピカにされ〜







RIMG0076
開いて。。。









RIMG0078
天ぷら粉にドボン!







RIMG0080
天ぷらにされ〜






RIMG0084 copy
もう、エビもテキトーだ。






RIMG0082
じゃんじゃん揚げる。








RIMG0094
一方、当日打ったお蕎麦は〜?







RIMG0096
RIMG0098
そう、20秒でいいの!茹で時間はね。








RIMG0100
これは美しい!



ブルドッグのブッフィーくん、たれ耳ウサギの桃次郎くん、

インコのキイちゃんたちのママの

ご夫人
のお父様のノームさまのお手製のお蕎麦です。

なんと近郊なので当日便で送られて参りました!


 





RIMG0105
ちょっと、これ見てよ!

すっごく美しいよ!







RIMG0111
そばつゆもプロ仕様!

そう、セットでいただきました!

ママちゃん!あの時はごちそうさまでした!

すごく贅沢な経験が出来ました!

ありがとうございました!

今でもあの時のことはよく覚えています。









RIMG0109
そう、お父様である、ノームさまのお蕎麦で天ぷら蕎麦!









RIMG0101
 食べるのが勿体ないとすら思いましたもん。







RIMG0115
RIMG0117
 そば湯も頂きましたよ!

ホントにごちそうさまでした!









 RIMG0030
で、翌日はあんこ用意!


いやさ、そば湯も勿体なくて。。。

とてもじゃない、捨てられなかったのよ。

で何かしたいと思ったんだよね。









RIMG0032
 蕎麦の茹で汁に粉寒天とあんこを溶かします〜








RIMG0033 copy
 カップに注ぐ〜








RIMG0034
 寒天だし、すぐに固まるよ!







RIMG0046 copy
 蕎麦寒天

ちょっと蕎麦が見えるところが絵的に好き!









RIMG0051 copy
食べちゃおう。










RIMG0053
ひんやり、涼しげな夏のスイーツ。

お蕎麦隅々まで堪能いたしました。

ママちゃん、ホントにありがとうございました〜!


で、ここから先の内容、後半のくだりは、

おそらく、ガクってくると思うのでそこ我慢してね。



________________________________






P1110007
どんぐりスターチ。

コレなに?って思う人もいるかも。

これがどんぐりの澱粉。どんぐりスターチ。


ぼくはどんぐり研究家のれおんです。









れおん 顕微鏡
どんぐりの中の成分、澱粉質について、

いろいろ研究をしています。

いろんなどんぐりがあるけれど、

まずどれも比重が違う、同じ澱粉でも質が違う。

ただ同じなのは、水を加えて加熱すると

糊化するという事実。これはどれも同じです。









P9080011
たとえばこのマテバシイ、

中身の約半分が澱粉ですよ〜

これゴミにするの勿体ないですよね〜

なにか活用すればいいのにね。

それを考えるのがぼくの仕事。






どんぐりスターチ
マテバシイの澱粉のかたまり。

これを粉状にして保存してある。









RIMG0013
この粉を水に溶かすよ。
RIMG0018 copy copy
火にかけます。
RIMG0022
すぐに沈澱してしまうので、

かき混ぜながら加熱します。



RIMG0026
あ、糊化しだしたよ。






RIMG0031
最後は全部透明になるよ。

お餅になるんだよ。

このどんぐりの澱粉の特製を活かして、

蕎麦に挑戦してみたことがあった。





048
もう10年ぐらい前の話です。。。






049
とにかく、いつも調べもしないでやるから

テキトーだ。






051
単に、どんぐりスターチをそば粉に混ぜて

水を加えております。







053
こんなもんでいいかな?








055
ひと塊になりました。







058
いよいよ伸ばします〜

白いプチプチが気になるな。

10年前はスターチの管理はまだかたまりを砕いた程度で、

細かい粉にしたのはつい最近の話。








062 copy
063
065 copy
いいか。厚さはこれぐらいで。。。








070
細いと茹でる時切れそうな気がして

太めにしてみた。







071
しかも、丈が短い。

生地を折り畳むと切れちゃうからだ。

なので包丁のサイズです。











075
茹でています〜








081
大根おろしで食べようかな?






084
どんぐり蕎麦。

太っとい、太っといお蕎麦。











088
どんぐりスターチは

無味無臭です。

素材の味を邪魔することないので

これはこれで美味しかった。

今後の課題は細く、美しく。



_____________________________


1
数年後またやってみた。

今度はどんぐりスターチをもっと細かくしてみた。









2
配合はテキトー。







3
素人なので、

つなぎに卵を使って

前回より少しやりやすくしてみた。








4
れおんのカタチにもしてみた。







5
うーん。生地は伸ばしてみたけれど、

やっぱり折り畳むのは出来そうもなかった。







7
んな訳で、今回も包丁のサイズでカット。










8
こうしちゃえばわからない?









6
ワサビは本物だよ〜!







9
どんぐりとろろ蕎麦にしてみました〜

味はまー、ふつーに蕎麦です。

とうぜん、どんぐりスターチ入りなので

もっちり感は抜群です。

で、問題の見た目は克服出来てるでしょうか?









069 copy
ぷぷぷぷ。

見た目がモンブランケーキみたいな

へったくそなどんぐり蕎麦でした〜


以上^皿^






P9070034
むー。

まったくー、ママには任しておけないよ。

手打ち蕎麦はね。


おしまい。



蕎麦づくりの技術の修業が確実に必要だと思った人はぽちっとな♪