RIMG0059 (2)
黒猫 : だから、あれほど言っておいたのに。。。

     きのこは当日処理するようにと。。。

れ :  冷蔵庫に入れてたら、ちょっとぐらいは

     大丈夫だと思ったんだよぉ。。。

     許してよぉ。。。

     どうせ、ママが全部食べちゃったしいいじゃん。

黒猫 : もー!

     


なんの話かと言うと。。。










P8070001
日曜日、夕方ちょっと行ってきた。

ヤマドリ山です。

ホントは地下生菌を探しに行ったのですが、

空振りでした。

まー、そんなこともあるよね。

いつもどおり、ミカンは落ちてた。











P8070017
もうセミの抜け殻だらけでしたよ。

どこもかしこも。。。










P8070020
P8070019
セミの声が半端ない。。。

蚊もいっぱい寄ってくる。。。











P7180020
そんな時には、蚊取り線香使うよ。

蚊取り線香は蚊だけじゃなく、

きのこに寄ってくる虫もよけてくれるのだ。











P8070004 copy
ふえ〜!

あれに見えるは@0@!

ヤナギマツタケっ!

こんな時期に出るの?

猛暑だよ!

カラっからなのに?









P8070005 copy
ローアングルで確認してみる。

あー、ヤナギマツタケだわ!

間違いない。

マントの片鱗があるもん。











P8070013
大小併せて、5つゲットだ!

(実はこの時、気分は地下生菌、今日はもー、どーでもいいや。)








P8070011
収穫後の撮影。

この木のヘソみたいなところから発生していた。




やや!

ちょっと待てよ!!

なんか思い出した!










RIMG0125
これ、4年前の10月の画像です。

この時はこれがヤナギマツタケとか知らなかった時。

ポルチーニの帰りに見つけたきのこ、

勉強のために、一応、写真だけ撮っておいた。









RIMG0123
ムムム。。。

同じ木、同じヘソ@0@!

そーか、あの時のキノコは

このヤナギマツタケだったんだな!

と4年目に検証が出来たのです。













P6210141 copy
P6250114
ここも同じポイントに

年に2回発生してるよ。









P6250122
ヤナギマツタケはポルチーニの時期と重なる。

ということはすでにわかっている。

この木はコブシ。





P9050082
マツタケって名前に付いてるけど、

どうみてもマツタケとは別物だと思う。


また発生してるね。

この2〜3日後にくれば大きくなってたと思う。










P6240001
しかし、味はランキング2位だし、

これも探しつつ、ポルチーニってノルマが大変だ!

地面と木の幹のヘソというヘソは全部チェックしないと!









P6230021
ヤナギマツタケはインクキノコでもあります。

とってもキレイな色でしょ。

でもこれ、しばらくしたら、

胞子がさーっと流れて絵は消えてしまうのよ。

きっと昔は忍者の密書に使われていたに違いない^皿^

パンパンっ!ってすれば、証拠隠滅出来るからね。









RIMG0029
赤 : れおんくんのその考え、

    国立科学博物館のきのこの偉い先生に言ったら、

    『それ、面白い!』って苦笑されたよ^^


れ : いいんだ、それ、慣れてる。

    









P8070016
さて、さて、マントの片鱗とはコレ。












RIMG0130 copy
ずいぶんと前ですが、

とってもいい状態で見つけたことがある。










RIMG0131
やっぱヘソから出てるね。







RIMG0135 copy
これは、マテバシイから出ています。








RIMG0133 copy
膜がピンと張っています。







RIMG0140 copy copy
で、その膜を破ります。







RIMG0142
ペローン。

ヒラヒラ〜







RIMG0144 copy
マントみたいになるんですよ〜






P6250081
P6250092
先日のコレもそう。





P4180008
P4180009
P4190073
これもそう。








P9190023
P9190026
きっとこれだってそうだったんに違いない。







RIMG0047
これ名前がイカしてるよ!

ナカグロモリノカサ(だと思う)って言います。







RIMG0046
膜がぴーん!






RIMG0049
あ、マントに失敗!





RIMG0083
RIMG0084
よし、今度は成功!





RIMG0051
これはまた別のかな。





RIMG0056
毛布みたいな膜。






RIMG0054
破るとこう。


きのこの世界じゃわりとポピュラーなこと。









P6220019 copy
さて、きのこの偉い先生に『それ、面白い!』って笑われた、

間者からの、密書の件です。









P6220016
このヤナギマツタケ思いのほか、胞子がたっぷりとれる。









P6220014
紙の上、びっしり。









P6220013
2回目でもこんなにも。








P6220005
で、小さいの発見!







P6220006
トビムシだ!

ヤナギマツタケにはトビムシが付き易いんだね。



トビムシ。。。の話題はあとで出てきます。

ここで予習ね。










P6230008
で、この胞子を集める。




P6230015
水に溶けます。





P6230023
とってもキレイなインクになるよ。




_________________________________




P8080030
今回はヤナギマツタケを

美味しい、きのこおこわにしてみたよ。











P8080002
もち米を使ってみたよ。









P8080003
翌日、料理することにして、

当日は寝てしまった件の続きです。。。

きのこはやっぱ当日やらないとな。。。



おこわの準備をしようと思って

ヤナギマツタケを入れていたビニール袋を冷蔵庫から出した。










P6220008
ビニールの袋の底には

小さい虫がわりと動き回っていた。

おそらくトビムシだろうと思う。

これじゃないかな?


でもそれは見なかったことにした。

切ってる最中も1匹、まな板にいたけど。。。

それも見なかったことにした。

なんでもぺちゃんこくらぶにお願いしたよ。







P8080005
薄揚げと一緒に味をつける〜

うーん。たぶん、もういない!と信じて料理するよ〜








P8080009
甘辛味に仕上がった。








P8080010
もち米に鶏もも肉、ニンジン、こんにゃく、

そして、甘辛にしたヤナギマツタケを入れて

一緒に炊くだけ。








P8080015
美味しい、美味しい、

モッチモチのきのこおこわが出来ました!









RIMG0066
れ  : ママ、ごめんなさい。

黒猫 : そうそう、ママにこれからは

     ムヒ持って行くように言っといてね。

れ  : うん。わかった。蚊に刺されまくってたね。


おしまい。




まー、れおんや!虫の1匹、2匹、大丈夫さ!ぽちっとな♪