RIMG0036 copy copy
山菜については、

元単先生、束くん、色々いただいて

いっぱいお勉強したぼく、黒いうさぎのれおんですぅ〜










RIMG0012 copy
 野生のタラの芽!








RIMG0014 copy
 もう、サイズ、全然ちゃうやん!







 






P1090019
ぷっ。って思うぐらい小さい。

市販の栽培のタラの芽。












P3190011 copy
 先週、またまた、またまた、

新聞の取材をいただいた。

テーマは山菜。

今回はスーパーで手に入るものでトライ。

その日、朝、出向いて、揃えられるものは全部買い込んだ。 












P3190007
まずやったことは、

餅米は洗って、1時間浸けておく。










P3190012
水を切りました。












P3190013
挨拶もそこそこ、

まずはこれが一番時間がかかるので、

これをやりつつ、取材を開始!

鶏もも肉、水煮のワラビ、エノキタケ、

ニンジン、薄揚げでよく炒めてました。










P3190016
餅米を入れて一緒に炒め、

だし、砂糖、醤油で味付けします。









P3190017
ねっとりするまで、

水を加えつつ、よく炒めます。







RIMG0062
これも、釣り雑誌『磯・投げ情報』の取材の時のお料理です。

この中に、テナガエビおこわがあります。

竹の皮に包んだやつです。

絵的におもしろそうなので、

これを今度は山菜でやってみようと思いました。










P3190018
昔、中華街で買った、そうね、20年以上前だったかな。

その竹の皮で包みます。

竹の皮はぬるま湯でふやかして

柔らかくして使います。








P3190020

P3190022
この状態で蒸すのです。








P3190023
ところが、もっとあると思っていた、

竹の皮が4枚で終了。

仕方ないので、クッキングシート使いました。








P3190027
がしかし、クッキングシートもたったこれだけで

終了。。。。


え〜








P3190025
最後の手段、

アルミホイルにチカラを借りました。







P3190026
いっか。蒸せばいいんだし。。。

炊飯器じゃつまらない。








P3190029
という訳で、いろんなタイプの山菜おこわが〜








P3190069
つやつやの山菜おこわが出来たよ!









P3190042
お茶碗だとフツーすぎるね。









P3190030
さー、続いて〜豚肩ロースを使うよ。

軽く塩。

そして薄く片栗粉。








P3190009
さっきの極小タラの芽。









P1090022
ココ、超痛いよ!

削りまーす。








P1090024
結構、針(棘)たくさんある〜










P3190031
タラの芽の肉巻きにするよ〜

片栗粉をまぶして巻く。











P3260036
ここで登場!

れおんくんちのニンニク醤油!

作ってみたい人はクリックしてね!








P3190058
絶品だ!

記者の方もおいしいとぉ〜!


さ、次は?













P3190108
レシピでルンバ 2
ウドと鶏肉ときのこのみそマヨあえ

日本農業新聞 4月11日掲載分


今回、これ引用してみた。

茹で鶏の部分を活用してみよう。









 RIMG0040
鶏もも肉を鍋に入れる。







RIMG0043
水を入れる。

このまま蓋をして煮る。

そして、そのまま放置して冷ます。

(お酒や白ワインを入れるとグッとおいしくなるよ)








RIMG0045
冷めました。

冷蔵庫に入れたらどうなる?









RIMG0017 copy copy
汁がコラーゲンでゲル状。

油も固まっています。

油は野菜炒めに使ってみるのも手だよ。


汁はみそ汁にするとグッド!

で、肝心の茹で鶏は如何用にも使える。











P3190004
ウドでーす。







P3190007 copy
ウドの中程。







P3190012 copy
なんだかケバケバして痛そう。







P3190016 copy
で、これがウドの穂先。







P3190026 copy
四分割して、

2品作るよ。







P3190027 copy
クルッと外側の皮を剥きます。

でも皮は捨てません。







P3190032 copy
こんな風に裂いてもオッケイ。







P3190033 copy
皮は少し晒して、アクを抜こう。

晒すのは酢水でオッケイ。











P3190039
この部分を生で食べるよ。








P3190040
斜めに薄切り。

晒しております。






P3190042 copy
その間、ぶなぴー登場。





P3190046
ぶなぴー、ボイル!








P3190047
ザルにあける。







P3190043
で、皮と穂先もさらしておく。










P3190049
で、皮と穂先をゴマ油で炒めまーす。





P3190070 copy
あとは砂糖と醤油で。









P3190149
ウドのきんぴら







P3190051
さ、茹でた鶏肉を取り出そう。







P3190055
味噌、マヨネーズ、醤油です。








P3190056 copy
混ぜといた。







P3190057
茹で鶏を切ったよ。







P3190058 copy copy
味を絡める。







P3190059 copy
ブナピー、入れちゃう。







P3190065
ウド登場。








P3190067
和えて終了。








P3190092
ウドの味噌マヨネーズ



これがわりとイケてたので、

これをうるいで応用。










P3190033
うるいはざく切り。







P3190032
味噌マヨネーズに

茹で鶏の身を手で裂いていれた。








P3190052
で、うるいとザックリ和える。

以上。


これがシンプルですが、イケてた。

食感がちょっとねっとりする山菜です。









PA220004
それと同時に

セリです。


下の方を茹で鶏の茹で汁で中華スープにしてみたよ。

エノキの余りもいれちゃったよ。










P3190064
同時に汁物が出来るのも、時間短縮のコツ!










P3190037
で、ニンニクをゴマ油でゆっくり揚げて、

いい色になったら、醤油を入れて。。。









P3190056
セリの上にジャーッとかけまわす。

ジュージュー言うよ。





で、ここで再び、ウドに戻る〜











P3190036 copy
これは今回分です。

ウドの皮を裂いて、








P3190034
線に切った、ウドに茹で鶏の皮を入れて、

ゴマと昆布茶を和える。















P3190054
なんだかんだでこんなに揃いました。



ここまでが、新聞の取材で作った分です。









P3190070
そうそう、

小田原の城下町もなかをいただきましたよ!









P3190072
最中は主食ですから。









P3190011
絵的にステキ!


ごちそうさまでした〜




_________________________________




P1090064
あと、

別件でした、市販のタラの芽を使った、

山菜丼もご紹介いたします!










P1090084
タラの芽の天ぷら、サツマイモの天ぷらの

間の、ニンジンの天ぷらが超おいしい!








P1090027
タラの芽は下処理完了!








P1090029
ニンジンはこんな風に。








P1090030
だし汁準備!









P1090032
天つゆを作るよ!

醤油入れた。






P1090033
みりん入れた。

一煮立ちさせておこう。









P1090036
天ぷら粉使うわ。









P1090037
水で溶くよ。








P1090039
さー、揚げますよ!









P1090040
サツマイモは安納芋。








P1090041
ジュワぁ〜








P1090043
タラの芽もオッケイ。







P1090047
そうそう、ぼくんちは、

魚焼く網のとこをこんな風に使うんだ。

天ぷらの時は。

場所が狭いからね〜










P1090048
で、最後に少し残った天ぷら粉にニンジンを入れます。









P1090050
青海苔も入れるよ。









P1090052
海苔入れると入れないでは大違い。









P1090053
これをつまみつつ、揚げます。








P1090054
P1090055
これで勢揃い。










P1090057
白いご飯オッケイ。








P1090058
天つゆをかけます。









P1090060
天ぷらに染み込ませる〜








P1090061
サクサクに揚がってるけど、

入れちゃおう。








P1090062
天丼は天丼でも、これは春しかやらない。









P1090063
だって、タラの芽だもん。









P1090064
おいしい、山菜天丼の出来上がりだよ〜










P1090083
山菜料理は天ぷらが手っ取り早いね。

そう、山菜の苦みや、蘞みなんかは

油が解決してくれるので、

天ぷらにすると一番楽。


がしかし、それ以外で活かすのも

山菜料理の面白さかもしれないと思って、

やってみたのが、

ふきのとうのパスタです。










P1110089
フキのとうとクルミのジェノベーゼ風











RIMG0019 copy
これはフキ〜







RIMG0037
これも山菜〜








P3010017
フキのとうの花です〜








P3010016
フキの赤ちゃん。










P3010011
どっちかな〜


雄花かな〜

フキの花は雄花、雌花があるようです〜








P3010022
P3010020
フキのとうとは言うけれど、

漢字で書くと、

蕗の薹です。











P1110054
これが蕗の薹。

正直、苦い。

でもなんだか、カラダにはよさそう。








P1110055
花咲く前のやつ。












P1110057
これ、刻むと同時に真っ黒になります。

きっとポリフェノールが空気に触れて、

そうなるんだと思います。

なのでギリギリに下処理します。







P1110052
クルミは軽く煎る。










P1110053
冷たいより、少し温めると、

潰しやすいからかも。











P1110062
オリーブオイルでニンニクを炒めます。








P1110060
さー、速攻、みじん切り。








P1110063
早く早く!









P1110067
放ったらかしにしてたら。。。

どんどん黒くなっちゃうよ〜








P1110068
フキのとう、意外に油吸収するので、

油は追加した。








P1110070
クルミ入れた!









P1110073
ここに、ミニトマト入れます〜


おされに、ブラックのミニトマトもね〜








P1110076
一方、パスタを茹でておく。









P1110078
ミニトマトも一緒に炒めて、

ソースにするよ〜








P1110079
茹で汁使う。









P1110080
ジャー。









P1110081
ミニトマト、一気に皮剥ける〜









P1110083
あとはパスタと絡める。









P1110085
トマト潰さないようにね^^

ここ、丁寧にね。












P1110087
で、粉チーズも使おう。









P1110101
ハイ!出来上がり!


さー、これだけのうち、

どれが新聞に掲載されるかな〜?

楽しみにしてよーっと。






P3310049
ぼく、山菜より、レタス派!








P3310058
頼まれなくても、食べちゃうよ!




動画:黒いうさぎのれおんくん レタス食べる




れおんくんは、やっぱウサギだし、レタスだよね!ぽちっとな♪