P1020006
ぼく、今日はコックさん。

あやつらをもてなすのだ!











P1020007 copy
ふふふ。

あやつら、

びっくし させてやろーっと!










P1020014
赤 : なんだろーね。正月早々、集合って。

白 : うん。なんだか、テラス席に座ってるよう言われたよ。

青 : 椅子が足りないので、拙者は立ってるでござるよ。










P1020015
赤 : え! なになに!ケーキセットをごちそう?

白 : すっげぇ〜

青 : ケーキに金箔が@0@! れおん氏すごいでござるよ!









P1020017
赤 : 金箔は、お正月だし、豪華にってこと?

白 : れおんくん、なんかはりきってない?

青 : 拙者、ケーキセットは久しぶりでござるよ。








P1020019
白 : いっただきまーす!

赤 : 遠慮なく〜

青 : いただくでござるよ!









P1020030
れ : ハイ!そこのみなさん!

    お味はどうですか?

    酸っぱいどんぐりでケーキ焼いたんだよ!

一同 : え〜@0@!何それ!













P1020007
赤 : コーヒーはどんぐりコーヒーだね!


白 : これー、チーズケーキ?

    なんだか、フルーティーな、もったりとした。。。

    うーん、でも初めて食べる味だ!


青 : れおん氏や、作り方プリーズ!


れ : ホイきた!








PB200001
どんぐりで作ったケーキです。

今までとちょっと違う作り方です。

わざわざ発酵という工程を踏んでいます。










PB200003
どんぐりを割ります。







PB200010
これを茹でるんです。







PB200011
たっぷりの水で茹でます。








PB200014
薄皮はとります。








PB200017
でも結局きれいに取れなかったので、

一度洗って取りました。








PB200020
ここから、わりとマジでやります。

1時間ほど茹でました。

途中何度も差し水します。







PB200022
コレ位やりました。








PB200025 copy
このままフードプロセッサーで粉砕したいのですが、

どんぐりって茹でても強靭です。








PB200032
茹で汁を使うと、このように滑らかに潰れてくれます。








PB200034
それを裏ごしいたします。









 P9110149
麹を使って、

炊飯器で10時間。

なんと、どんぐりは糖度30%を超える甘さになりました。

そして、ミルで今度はポタージュ状に。








PC100002
炊飯器の表面にべっとりついたやつを

水で濯いで一緒にしたら。。。

少し薄まってしまいました。

ちょっとサラサラぐらいがよくて、

わざとそうしたということもあるけどね。








PC100005 copy
PC100006
糖度はどうかな?







PC100007
25%に下がりました。

それでも十分甘いですから

問題ありません。









PC100010
そのうち、500グラムをビンに移しました。










PC170035 copy
そして空気中の菌と融合し、

酵母が生まれました。







PC120033 copy
混ぜると、ブクブク。。。








PC170037
発酵して、膨れております〜











PC300034
味はその分、酸っぱく、酸っぱくなりました。

がしかし、甘みはそんなには変わりませんでした。










PB290005 copy
そして、いよいよ漉します。









PB290006 copy
おもしをして、ちょっとずつ、圧搾します。







PC300040
わずかこれぐらいしか採れませんでした。

貴重な貴重などんぐりから生まれたお酢。

火を入れて、発酵を止めます。









PC310084
酸っぱいとはいえ、

甘みのほうが断然強い、

そんなお酢です。











PC310030
そして、これがそのしぼりかす。

ねっとりしています。

コレ単品でも美味しいから食べられます。

甘酸っぱい不思議な食べ物。

クリームチーズにレモンと砂糖を混ぜたような。。。

そんな食べ物に変化しました。どんぐりが。

ゼラチンで固めて噓チーズにしようかなーと

思ってたのですが…

突如、方針変えました!











PC310008 copy
φ18センチのケーキの型に

クッキングシートを細長く切って、

数センチ置きに切り目を入れる。

洗濯バサミで止める。









PC310010 copy
シート2枚の長さで

のりしろ入れてもちょうど1周になった。








PC310012
あとは底のサイズを丸く切って、

こんな風に差し込んでおく。









PC310015
マリービスケット、4袋。

12枚分。









PC310018
めん棒で転がすようにして、

潰しながら、細かくする。








PC310019
バターは20グラム。

レンジでも湯煎でも。

溶かします。










PC310021
砕いたビスケットにバターを流し込み。。。









PC310023
まんべんなくお箸で混ぜる。









PC310026
器の底に入れて

指で押すようにして固める。









PC310028
こんなカンジでオッケイ。










PC310029
砂糖は今回、どんぐりが甘いので、

控えめに60グラム、卵は2個。


チーズケーキなら砂糖は80グラムぐらい使うけどね。











PC310031
よく混ぜる。









PC310033
で、しぼりかすを入れて、さらに混ぜる。









PC310035
あとは生クリーム1箱全部入れて混ぜる。









PC310040
薄力粉は大さじ3ほど。









PC310041
ざっくり混ぜる。









PC310042
で、型に流し入れる。








PC310047
そうそう、昔はこれ、セロテープでやってたんだけどね、

洗濯バサミが一番使いよいと判明!











PC310052
全部生地を流し込んだら、

洗濯バサミはバイバイ!

どう?ちょうどよくないですか!?


オーブンは170℃。

予定50分でしたが、

爪楊枝を刺してみたら、まだ生焼けっぽかったので、

結果、1時間ほど焼きました。









PC310054
どや!

オーブン出したてはまだ膨らんでおります。













PC310058
冷めたら、ちょっと凹む。








PC310066
切ってみたよ〜

切り口が

どんぐり色だ!









PC310096
この時点ではまだ食べてない。

しかし、味が気になる。

でもたぶん、イケる気がした。









PC310098
どんぐり型をのせて。。。







PC310100
粉砂糖をふるう。










PC310112
どんぐりマーク登場!










PC310117
残りはお年賀に^^

味はもちろん、大好評でしたよ。










P1020005
まだ少し残しておいた。

今度はどんぐりマークを粉砂糖で。









P1020004
ちーとわかりにくいか。










P1020009
どんぐリーズケーキとどんぐりコーヒーのケーキセット










P1020010
金箔をやってみたよ!

え?どこって?

粉砂糖の上でーす。









P1020013
ちょっとお正月っぽい?

チーズケーキみたいなレシピだから

(どんぐ)リーズケーキって名前にした。

味も甘酸っぱくて、

ホントに柑橘系とか入ってるんじゃないの?

って思う位フルーティー。

生クリームたっぷり使っているので、味は濃厚。










P1020010 copy
で、小さく切って、

ネタ用に。。。









P1020024
これがどんぐりカフェのイメージです。

こんなお店があったら、ちょっと面白いね。

全部どんぐり。

コックさんはうさぎ。

メルヘンチックではあるけれど、

その内容はとてもリアル。











P1020002
残りのどんぐりの甘麹からまた

作ってみようと思いました。








P1020028
どんぐりのお酢は只今、色々研究中です!

どんぐりがまさか発酵して別のモノになるなんて、

ぼくもびっくりさ!

次のしぼりかすは、何にしよっかなー?

夢が広がるね!

おしまい。

どんぐリーズケーキセット食べてみたい人はポチッとな♪