P2070008
れ : おい!白いの!

    なんだって?

    トリュフの白い系あったって?

白 : んー。。。それがよく分からないんだけど。。。

    疑いが。。。ぐらいでさーーー

    黒トリュフに混じって1個だけあったんだ。









P2070006
れ : そーだよな。

    もうぼくたちは黒トリュフじゃなく、

    白トリュフを探さないとな。
    







P1310017
この場所、最近のお気に入り〜

いつも貸し切りだしね。










P1310026 copy
先日、黒トリュフの場所にひとつだけあった、

新たなキノコ。


まさかの?白トリュフ?









P1310027
割ってみて、香りは正直すごくよかった。

黒トリュフよりか全然よかった。

でもトリュフじゃないな。

いや、トリュフだったのかも知れない。











P1310028
で、その同じ場所に

まだ黒トリュフはいくつかあったよ。







P1310031
この場所だけで、4個発見!

でももう、食べるとかそーゆー段階じゃなかったので、

置いてきた。









P1310025
コレなんだろー。

とりあえず、ショウロってことにしとくか。

またココに行ったら見つかるしね。


キノコはみつけて、1年後に行くとまーだいたい

同じキノコがあるからね。

来年もう少し早く見つけて確認だな。









P1310021
変なキノコ。







P1310024
これは見るだけキノコ〜







P1310023
特定しなくていいよ。

さて、進みます!


アレが欲しいからね。









P2040010
アレってのはコレ!







P2070004
れ : オマイ、今後、ツチグリスキーと呼ぶぞ!








P1310044
あたあた。








P1310046
いいぞ。いいぞ。








P1310047
ポコっ!

この周辺もツチグリゾーン。

いくらでもある。

1年通していつでもある。










P2010018
ツチグリはね。。。

水に入れるでしょ、でね、








P2010020
わりと、すぐに開いてくるよ。








P2010041
で、今度は反る。











P2010037
煙状はツチグリの胞子。









P2020002
で、今度は水分が蒸発して、

縮まる。







P2020003
まー、そんな時、自分でほっぺたおして。。。







P2020005
おして。。。

自爆するんだな。











P2020086
ツチグリってこれを何回も繰り返すんだよ。

すでにこれで3回目位。

人工的に遊んでます。






P2030017
ツチグリはホコリタケ系です。

これが胞子。








P2050044
また 胞子彩をやってみたよ。

ツチグリの胞子を画材に画を描いた。





P1110027
前回と違いがわかりますか〜

今回は滲んでないよ〜

しかもラメ入りっぽい仕上がり〜








P2050045
ツチグリ由来の胞子画です〜





P2050048
エンボス加工風にも出来るんです!

それについてはまた今度ね^^



そろそろ今日のお題に移ります。









P1310037
あった。あった。

こいつもあった。






RIMG0021
持って帰るぞ!







RIMG0022 (1)
食べられるんだよ。






RIMG0025 (1)
タマキクラゲって言います。







RIMG0030 (1)
RIMG0027 copy copy
キクラゲ(木耳)ではあるけれど、

耳のカタチじゃないんだな。






RIMG0020 (1)
玉っぽい。








RIMG0019
家に戻ったら、

こんな風にビニールにいれてみると。。。






RIMG0020 copy
翌日、もっと大きくなったり、

あらたに発生しているよ。








RIMG0025 copy copy copy
これ、まだ大きくなるな。






RIMG0026 copy copy
透明感があって、プニプニしています。





RIMG0022 copy copy copy
胞子が見えますね^^







RIMG0030 copy
ステキなキノコ。タマキクラゲ。






RIMG0033 copy
傘が反ってます。







RIMG0035 copy copy copy copy
これをひとつひとつもぎます。









P1310039
これが最新のタマキクラゲ〜




P2010001
持って帰ったら、この状態。






P2010003
ちょっと枯れてます。







P2010009
水に浸けてすぐの状態。

すぐに戻りますね。









P2010007
しばらくこの状態にして。。。








P2020019
出してみた!

タマキクラゲの裏側です。〜








P2020041
キノコっぽいね。










P2020027
すごい透明感、押すとプニプニして好き。









P2020043
ではいよいよ料理にします〜









P2020047
小さいのは残しておく。

まだあらたに発生すると見込まれるので〜









P2020054
水でよく汚れを落とすよ〜










P2020055
さ、キレイになりましたかね。








P2020059
タマキクラゲはどうなるのかな?









P2020063
今、なんだかタケノコが安い。

在庫処分なのか?

まーいーや、カツオだしでタケノコ煮る。








P2020065
同じくダシでタマキクラゲも加熱。

汁ごと冷まして味を含ませる。







P2020071
仕上げは、酢味噌と和える。










P2020093
タマキクラゲとタケノコの酢味噌和え


春菊はベランダのやつね。










RIMG0024
一方、自宅キノコひまらやんとコラボ。


土鍋で一緒に炊き込み御飯にします〜








RIMG0025 copy copy copy copy
ブクブク言ってます〜










RIMG0027 copy copy copy
炊きあがりました〜









RIMG0030 copy copy
タマキクラゲとひまらやんのキノコ炊き込みご飯〜









P2020104
タマキクラゲは色や食感のアクセントにいいね。

素材の味を邪魔しない、キノコです。







P2070003
れ : へー、じゃ、今日も行くんだ。

白 : ゆくよ!

おしまい。