れおん 顕微鏡
まったくもって、

栽培する気もないのに。。。

勝手に蔓延る

そんなキノコの話だよ。










069
これはどんぐりキノコ

ひまらやん。

マテバシイで作った食用キノコです。









066
ある日突然、

どぉ〜んと!

ティッシュペーパーを突き破って顔を出しました。










067
逆に言うと、

出てきたから、気がついたんだけどね^皿^










072
これもそうだよ。








070
シイタケにしたって、

あのかた〜い木の表面を突き破って出てくるし。。。

キノコって、柔らかいけど、

発生する時はエネルギーを感じるね。









001
アレアレ?

これももしかして?












007
あ〜 こーゆーことになってた〜

これはひまらやんではありません。


これがインクキャップと呼ばれてる

ヒトヨタケです。

一夜茸だね。

一晩のうちに成り行きが観察出来るよ。










002

003
ティシュペーパーが黒くなってるね。

さすがだ!

インクキノコのヒトヨタケだからね〜










025 copy
傘が開き始めたところね〜

すでに黒い胞子が

ペットボトルの内側についてるね。

そして、それと同時にグーンと背が高くなり、

軸が細くなる。









028
つーことでこれはどうなってるかと言うと?







030
中から覗くと、

このように〜







029
貼り付いてた〜








020
これが開ききったヒトヨタケの傘〜











021 copy
次第に〜

こうなり〜






RIMG0046
あ、ちょっと余談ですが。。。

キノコの頭ってどうも共通していることろがあるよね^^

これはスッポンタケの頂点です。









RIMG0051
持って帰った卵から孵った

スッポンタケ〜










026 copy
話を戻します〜


ほーほー。

溶けてる溶けてる〜

黄色の画用紙の上に置いてます。











027 copy copy
で、これよけた直後。

そりゃー、

インクキャップス

って言われても仕方ないね。


これで字が書けるんだもんね。

インクだわ。


当時、確認のため、落書きしたんだけれど、

記録に残してなかった。









026
あるいは。。。


これは台所とリビングの間のカウンターね、

ここにヒトヨタケの入った容器を置いてて、

翌朝びっくりだわ!


黒いのが胞子ってことだね。










025
たっぷり落ちてるね。

こんなことになるなんて、

その時は知らなかった。

知ってたら、白い紙の上に置いたのにな〜













027 copy
これ、、、白い塊がチョイチョイ出てきた。。。

何が始まる?











001 copy
あ!発生スタート!








010
菌糸は底まで達している。

キノコが出来るに違いないのはわかる。










011
マジ?

ひまらやんではないのは確実だ〜











009
まだ傘の部分だけね。

軸はまだ短く、かつ太い。







026 copy copy
ケバケバしているね。








027 copy copy copy
軸もケバケバしています〜

でもこれがすーっと伸びて、

最終的には細くて、トゥルッとした軸になるよ。










013
これも経過ごとに撮影したよ。

違う部屋なので照明の関係で色が違うけれどね。






015
縁のまつ毛状のもこの前に発生した

インクキノコの名残です。








012
大きいのは傘が開いたよ〜







018 copy
すごい透き通って綺麗でしょ〜









035 (2)
今度は新聞紙から発生したよ!






033 (2)
時間差でちっこいのも〜







009 copy
この時は軸がまだ太いでしょ〜









010 copy
びよーん!








018 copy copy
もう一個あったので、傘をハサミで切ってみた。

そうそう、軸は空洞なのわかるかな?












007 copy
さー、時間差で出てきた

ちっこいのもぐんぐん伸びてきたよ〜









009 copy
軸の下半分がケバケバね。








020 copy copy
傘のケバケバを触ったら。。。

禿げてしもた〜〜〜









034
とぅるとぅるインクキノコになってしもたわ〜









037
左のはとうとう、溶けて黒い傘落下〜


右のはあとから発生したからまだ健在。








038 copy copy
そして、新たにまたちっこいのが〜〜〜








193
そして溶けて落下した黒い傘は

こんな風になって最期を迎えます。









194
点線の外側は白いです。

内側は白くないです。

茶色の塊はどんぐりの殻です。

つまり、これ、白いところはどんぐりキノコ

ひまらやんの陣地です。

ひまらやんの陣地にヒトヨタケが攻めてきた。ということ。


キノコはこうやって、相手の陣地に入って栄養を

奪って胞子を撒いてるということなんだろうか?









036 copy copy
実はこれもそう。

フルーツキノコひまらやんのところで

発生したヒトヨタケ。

つまり、ひまらやん的には失敗という感じ。







038 copy
ちょっとこれは黄色いタイプのヒトヨタケ。









040
やっぱ、一夜で茸でした。









050
これもヒトヨタケじゃないかなー?

同じく、ひまらやんがヒトヨタケに支配されちまいました〜







053
綺麗っちゃー綺麗だけどね。










055
傘開いたね。







057
はい裏側!








059
インク収集中〜







RIMG0016 copy copy
まさか、ぼくのどんぐりキノコ研究所の

失敗話がこんなネタに繋がるなんて。。。

思ってもみなかった〜








RIMG0006 copy copy copy
ひまらやん、さらっとupしてると思った?

そうじゃないんだよ。

こんな横道それた記録も残さなくちゃならないんだ。

結構、骨の折れる研究だよ!







RIMG0014 copy
でもそんなところで新しい発見もあるから

面白いんだけどね。

おしまい。