004

青いどんぐり

をどうしたらいいものか?

悩むぼく、黒いうさぎのれおんです。。。











013

お久しぶりでございます。

ぼくは元気ですが、

ママも、それなりに忙しくしとりますよ。

まーその報告はおいおいと。。。










006

今日はちーと勇み足だったどんぐりの話。














CIMG3279

ひまわり畑を歩いていた。











CIMG3283

ベニシジミがおった。













CIMG3289

やや!

あれは!








CIMG3288

たくさんなってますね〜









CIMG3291

銀杏だな〜

もちろん拾うよ〜


青いから、【青銀】と呼ぶわ。












CIMG3327

げ!


ゲロゲロ!






CIMG3326

あ。ぺちゃんこ。


車も通らないこの道に。。。

あーーーぺちゃんこくらぶの仕業だな!?









RIMG0013

れ : まーた、オマイらか!?

赤 : ち げーよ!

白 : ふふっ れおんくんったら、ご無体な〜











CIMG3324

たぶん、ウシガエルだけど。。。

水に縁もない場所にどうして?



とりあえず、ここ通過〜









CIMG3316

マテバシイ通りを走っていた。。。

マダラチョウかな?











CIMG3332

マテバシイもボチボチだな〜

と思い、出動したけれど。。。

なんかちょっと早過ぎた。


これは青いから、【青どん】

って呼んでるよ。









CIMG3337

これはスダジイ。

これもきっと中身は青い。


青どんだ。











RIMG0099

こんな風になるのは10月初旬。










RIMG0094

ハリネズミみたいだよ。











RIMG0129

スダジイというどんぐり。

これは炒って食べてもいいし、

ご飯と一緒に炊いたり出来ます。



いいのいいの。

今忙しいから、ゆっくり完熟してくれて。












039

どんぐりの背比べ的な?


どんぐり山にある、

主などんぐり。










036 copy

上から、

マテバシイ

コナラ

シラカシだ。












CIMG3322

今現在のシラカシです。

青どんだね〜












020 copy

こうなるには。。。


まだまだだな〜







014

グラデーションがきれいです〜










047

もうちょっと時期が遅いと?











045

なんかやっとどんぐりって感じ。













059

こんなはち切れそうなシラカシもあるよ。









148

冬には土の中から発掘したった。

デッかいシラカシだ。












019

さて、次はコナラだな。


そー、問題のコナラ!











030

不自然にこのように

枝ごと切り落とされている

青いコナラが見つかれば。。。


もうこれはアイツらの仕業。











025
026 copy

誰かと言うと。。。












zou1[1]

ゾウムシの仲間 ハイイロチョッキリ(かも知れない的な)

(注意: これ違うかもしれないので、参考画像です)


正式な画像が撮れたら差し替えします。。。













CIMG3333

これが現在のコナラ。


青どんです。

 






RIMG0112

こーんな、細長いどんぐりになる予定。













RIMG0104

むこうに、テングタケがあるから、

これは秋本番の様子。












035


028 copy

コナラはこんな風にだんだん茶色になるよ。











023 copy

この状態で拾うことになるんだけど。。。


これにはひとつ注意点がある。

早い話、

覚悟が要るということ。












041

青くて柔らかい時にどうやら

ゾウムシたちが卵を産むみたいだよ。


それが、

コラナシギゾウムシや、

ハイイロチョッキリだ。


殻斗の部分に穴があいとるよ。










036

殻斗をとるとこの通り〜









052

割ってみた。





048 copy

048 のコピー


これかにゃー?


ゾウムシたちは

青どんでまだ柔らかい時に

殻斗あたりに穴を開けて卵を産みます。

ハイイロチョッキリというゾウムシは

なんと卵を産んだら、そのどんぐりを

枝ごとどんぐりを切り落とすのです。

産まれた赤ちゃんははどんぐりという

その柔らかいベッドを独占して

その中身を食べて大きくなります。











RIMG0076
(これもゾウムシの仲間)

その時期がすんだら、今度は別のゾウムシ、

コナラシギゾウムシが

同じ木のどんぐりに卵を産みます。

がしかし、それは切り落としません。









027
(コナラの葉っぱでみつけたゾウムシ)

ということは、

ゾウムシの卵1つに集中する場合もあります。

今までの記録はクヌギひとつに

9匹のゾウムシがいました。












197
(これもゾウムシの仲間です)



ハイイロチョッキリ、コナラシギゾウムシと

特定出来る画像をこの秋はがんばりたいと

思ってる〜











009

それはともかく。。。

about 2 months later!











001

その日は突然やってきた。



朝起きたら。。。

畳の部屋、フローリングのあっちこっちに。。。

えらいモンみつけてしもた。。。


2〜3日前から、畳に赤い汁が

ところどころ落ちてるなー

なんでやろーか?とは思ってた。

その時はあまり深く考えなかった。


がしかし、ついに、動いて移動する

何かをみつけてしもた。









063

ゾウムシが一斉に〜

コナラから出て来た〜@0@!


どんぐりを入れていた入れ物から

脱走してた〜@0@!











035 copy
036 copy copy

確実に穴ーあいてまんねん。

その時の様子です。











053

ゾウムシの幼虫です。










041 copy

ゾウムシの幼虫だけではありません。

併せて、こんなピンクの蛾の幼虫も

いっぱいいっぱい登場〜


これが赤い汁を出していた犯人です。


全部回収して、安心してはいけなかった。











RIMG0029 (2)

でね!

その翌月だ。。。











021

コタツの下のカーペットを歩いたら、

違和感があった。

米粒が固まっていると思ってた。。。









028 copy copy

1個、2個やなかった。。。


複数あった。。。









025 copy

え” 

まぢですか?








024

見覚えあるわ。










029

ゾウムシ蛹になっとった〜


夜中に発生してたやつらは、

どうやらここに避難していたようだ。

それはこの時初めて気がついた。











042

もう、コナラ類は部屋に置けんな。


で翌年はベランダに蓋つきバケツで置いてたら。。。


バケツの中でゾウムシまた発生。。。

気がついたら、ベランダで歩いている。

蓋を自分たちで開けて脱走した模様〜

隣のベランダに行ったかもしれん。。。










CIMG2997

ゾウムシの大漁旗いる?



まー、そんな訳で

コナラ類は結構落ちているけれど、

あると拾いたくなるけれど。。。

セーブ。セーブ。











CIMG3343

さてさて。。。

今日の本題だ。

マテバシイも大きくはなっているが、

まだまだ青どん。










CIMG3345

待ちきれなくて収穫してしまった。。。








CIMG3365

ぐり割り機で割る。







CIMG3367

え?

なんか嫌な予感。。。












CIMG3369

中身小さくはないか?









CIMG3372

殻の内側はフカフカで、

どんぐり自体はスダジイ並みに小さい。


これじゃ、でんぷんは効率悪くて

期待できないな。

味も渋かった。










022 copy

ママ、慌てないでいいんだよ。

どんぐりのことはぼくに任せてよね。

虫もぼくが探しておくよ!

おしまい